ブルゾンちえみ パクリ元はソウルメイト研究家Keikoの自己啓発本

2017年大ブレイク中のお笑い芸人、ブルゾンちえみさんにパクリ疑惑が浮上しています。

【スポンサーリンク】

 

パクリ元とされるのは、人気占星術師でソウルメイト研究家のKeiko氏が2015年10月に発売した『「出会うべき人」に、まだ出会えていないあなたへ』

電子書籍はこちら

例えば、ブルゾンちえみさんのネタの「花は、自分からミツバチを探しに行きますか? 探さない、待つの」というフレーズは、

女性は、自分からオトコを探しに行っちゃダメ。
探すんじゃない、準備するの。
花は自分からミツバチを探しに行ったりはしないでしょ?

「もし、その彼が本物の運命の相手なんだったら、あなたの細胞ひとつひとつが喜びのサインを出してるはずよ。細胞レベルで恋してる? 細胞が喜んでないならその彼たぶん、運命の彼じゃない。ちなみに人って細胞いくつあるか知ってる? 60兆」というフレーズは、

付き合うべき相手かどうか?ソウルメイトなのかどうか?答えを知っているのは、脳みそじゃない。
身体なのよ、あなたの、カ、ラ、ダ。
もっというなら60兆個の細胞たち。

という部分に似ていると指摘されています。

 

【スポンサーリンク】

 

ネット上では、パクリだという批判の声と、オマージュ、インスパイアだという容認の声が上がっています。

難しいところですね。

ブルゾンちえみさんがkeiko氏の言葉を完全に受け入れているとすれば、パクリではなくリスペクトといえるかもしれません。

 

問題になるかどうかは、Keiko氏次第ですね。

 

ブルゾンちえみさんの特技は占星術だそうです。

分かりませんが、おそらくブルゾンちえみさんはKeiko氏の大ファンでリスペクトしているのではないでしょうか。

 

今後の展開が気になります。

 

しかし、パクリ疑惑が出てしまった以上、残念ながらこのネタはもう見れなくなってしまうかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

ピックアップ関連コンテンツ