嵐にしやがれ ご飯のお供デスマッチ!お取り寄せ可!2017年6月3日放送

2017年6月3日放送の「嵐にしやがれ」では、尾野真千子さんと向井理さんをゲストに迎え、「絶品ご飯のお供デスマッチ!」が開催されます!

ご飯のお供といえば、それぞれお気に入りのものがあるかと思います。

明太子や海苔の佃煮などが定番ですよね!

 

「嵐にしやがれ」では、2016年10月1日放送回に「新米とご飯のお供デスマッチ」が開催されています。

その時は、

福岡県博多「味市春香 なごみ」の 鮭明太
静岡県焼津「新丸正」の 食べるだし醤油
「加藤牛肉店」の 山形牛の手ほぐしコンビーフ
群馬県「永井食堂」の もつっ子
京都「辻が花」の お茶漬け最中

が紹介され、大反響がありました!

 

今回の「ご飯のお供デスマッチ!」でも、ちょっと変わった、ここにしかないというような珍しいご飯のお供が登場します。

しかも、お取り寄せ可能とのこと。

嵐も絶叫するほど美味しかったみたいです!

 

すでに人気のある商品ばかりですが、嵐の番組で紹介されたとなれば、さらに人気爆発!売り切れ続出間違いなしです!

要チェックですよ!

 

【スポンサーリンク】

 

大分・方寸の白ねぎ醤油

食べ応えのあるシャキシャキとした食感と、噛むほどに柔らかな甘みが生まれる大分県産白ねぎを揚げ、醤油、オイスターソース、ラー油などを入れた旨味たっぷりのタレにつけた商品です。

1ヶ月に2万個も売れているそうです!

大分県は白ねぎの名産地として知られ、白ねぎは大分県産農林水産物のブランド「The・おおいた」に選ばれています。

 

ご飯のお供だけでなく、鍋のつけだれ、焼そば、ぎょうざ、豆腐、揚げ物、炊き込みごはん、トーストなど、万能調味料として様々な料理に使えることが人気の秘密とのこと!

何度もお代わりしたくなる、やみつきになる美味しさなんだそうです!

 

白ねぎ醤油を食べた相葉くんは、

「いい匂い!すごいあっさりしていて、ねぎがシャキシャキで、翔ちゃんが絶対好きなやつ

とコメントしていましたw

 

方寸公式ページ
http://hosun-oita.jp

 

北海道・上野屋の本マグロキムチ

桜と鮪の町、北海道・松前で水揚げされた天然本マグロの赤身、中トロ、大トロと、菜の花と大葉を合わせたキムチ。

ほのかな菜の花の苦味と大葉の香りが旨さを引き立てます。

 

そのままご飯のお供としてももちろん美味しいのですが、

ご飯に、本マグロキムチ、ウズラの卵、刻み青ネギ、松前の特産品である岩海苔をのせた「本マグロキムチユッケ丼」がオススメの食べ方だそうです!

番組でも、この「本マグロキムチユッケ丼」を用意!

これを食べた松本さんは、「合わないわけがない!」と大絶賛!

 

上野屋オンラインショップ
http://www.sakura-maguro.com/products/detail.php?product_id=26

 

海鮮を使ったキムチには色々な種類があって今大人気みたいですね!

最近では、「SmaSTATION!!」で中居正広さんが紹介した「くにをの鮭キムチ」が話題になりましたよね!

海鮮キムチに注目です!

 

京都・成見家の姫かしわ 鶏ポン

京都のお惣菜屋さん「成見家」の、愛媛県産の鶏「姫かしわ」のむね肉に、四国名産である愛媛県産だいだいと高知県産ゆずの2つの果汁を使った特製ポン酢を合わせた、ジューシーでさわやかな味わいの一品。

成見家の奧さんによると、ジューシーというと肉汁のイメージがあるので、フルーティーと表現した方がいいとのことでしたw

ご飯のお供のほか、酒の肴にもぴったり!

 

この商品も「SmaSTATION!!」で紹介されたことがあるそうです。

2ヶ月待ちになったこともある人気商品!

 

これを食べられたのは大野くん。

だいだいとゆずの2つの果汁が入っていなければ、”ただの鶏のアレ”になってしまうとコメントw

だいだいとゆずの果汁によってバランスが絶妙で特別な味になっているとのことでした!

 

成見家
http://www.kyoto-narumiya.co.jp

 

 

現在、通販では買えないのかと思っていたのですが、楽天ショップで販売されているのを発見しました!

 

西武池袋本店にある「平翠軒」のお店でも購入可能との情報がありました。

 

【スポンサーリンク】

 

山梨・笛吹の庄のにんにくトマトらー油

全国ご当地食べる調味料ランキングNo.1に選ばれたご飯のお供!

こちらは「ヒルナンデス」で紹介されたことがあるようです。

 

山梨県産ワインと青森産ブランドにんにくを使い、

最後に、カニ、カキ、ホタテなどの海鮮エキスの入った自家製トマトピューレを加えた、こだわりの”食べるラー油”。

http://www.47club.jp/17M-000043wye/goods/detail/10020452/

 

ご飯のお供以外にも、味噌汁、冷奴、そうめん、パスタ、野菜炒めなど、和洋中の料理に使える万能調味料とのこと。

パンにもとても合うそうで、

パンに、チーズ、マヨネーズ、そして、にんにくトマトらー油を塗ってホットサンドにして食べるのがオススメなんだそうです!

パンにラー油という食べ方は気になりますね!

ピザみたいなイメージですね。

 

トマト好きなので、ぜひ食べてみたいです。

 

これを食べられたのは、向井さん。

「う〜ん、合う!これはうまい!
トマトのさっぱりさが後からくるから、酸味だけじゃない。」とコメント。

松本さんも「あ、うんめぇ!これ!」と感動していました!

にんにくの辛味のトマトの甘みとのバランスが最高だったみたいです。

 

三重・とよや勘兵衛のソマカツオの塩切り

三重県南伊勢町に古くから伝わる保存食で、神事のお供え物としても作られてきたそうです。

10月から12月の終わりまでに地元で獲れるソマカツオを塩蔵保存したもので、通常は3ヶ月のところ、10ヶ月以上じっくりと発酵さることにより旨みが凝縮され、独特の味わいを醸し出すそう。

酒の肴やお茶漬けにもオススメとのこと。

 

2012年度の「みえのお宝食材大賞」を受賞し、南伊勢町のブランド認定品に選ばれています。

雑誌BRUTUS「ごはんの友特集」でグランプリを受賞されています。

現在半年待ちの大人気商品!

 

チーズのような生ハムのような感じだそうです。

 

とよや勘兵衛
http://toyoyakanbee.com

東京の「三重テラス」でも購入可能のようです。

http://www.mieterrace.jp

 

東京・焼肉 矢澤の元祖 炊き立てご飯にかける焼肉

溢れる肉汁で話題の行列のできるハンバーグ店「ミート矢澤」の系列店で、世界各国に店舗がある焼肉矢澤の自信作!

国産黒毛和牛を使用し、肉と肉汁とタレをイメージした「元祖 炊きたてご飯にかける焼肉」と、香ばしい焼き上がりをイメージした「元祖 秘伝のカリカリ」のセットで、焼肉を再現しています!

卵黄と刻んだ万能ねぎをかけるとさらに美味しくいただけるとのこと。

 

2015年にミラノ国際博覧会に出品し、あっという間に品切れになったそうです!

お取り寄せ限定商品です!

https://gokuniku.com/v2/yakiniku

 

向井さんも「うんまぁ!」と感動されていました!

 

残念ながら食べられなかったのは、尾野真千子さんでした >_<

 

どれも美味しそうですね!

嵐の皆さんには、特に「にんにくトマトらー油」が好評だった印象です。

 

あなたは、どのご飯のお供を食べてみたいですか?

 

【関連記事】

 

【スポンサーリンク】

ピックアップ関連コンテンツ