冬のおすすめ国内旅行!絶景・冬景色が見たい!

冬にしか見ることのできない素晴らしい景色に出会うことができます。

自然の景色はもちろん、普段は中々見ることができない観光地の絶景もあります。

冬景色、絶景が見られるおすすめ国内旅行を紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

氷瀑 袋田の滝

茨城県の中央にある、袋田の滝は、高さ120m、幅73mの滝が、4段になって流れ落ちる日本三名瀑のひとつです。

それが、冬に氷点下が続くと凍ってしまいます。

流れのままに白い布のように止まってしまうのです。

滝が凍ること自体が非常に珍しいことですが、この大きさの滝ですから、その迫力は半端ではありません。

 

観爆台へ行くと、その迫力を十分に味わうことができます。

袋田の滝トンネルを通り、エレベーターで観爆台へ出ます。

観爆台は2階建てになっており、2階へ上がると滝全体を見ることができます。

この施設は利用料金が掛かりますが、見る価値は十分にあります。

そして、この氷瀑を登る、アイスクライマーの方たちもいるそうですよ。

袋田の滝(久慈郡大子町)

 

黄金色に輝くイエローフォール

福島県裏磐梯のスキー場からリフトに乗ってイエローフォールを見にいきましょう。

これは磐梯山の本当に寒い時期にしか見ることはできません。

雪解けした水に地面の下の硫黄分や鉄分が含まれしみ出し、幾層にも重なって凍ったものです。

高さは10m、幅は8mと大変に大きなものです。

太陽が降り注ぐと、それがきらきらと黄金色に輝き、その美しさに息を呑みます。

イエローフォールへ行くには、スノーシューという西洋のかんじきを履いていきます。

普通、リフトは上りの時だけ使用しますが、この場合は下りも利用します。

下りのリフトの使用は中々経験することのできないことです。

危険ですので、一人で勝手に行くことは避け、ツアーガイドに案内してもらいましょう。

山の天気は変わりやすいですから、慣れない人は絶対単独行動をしてはいけません。

スキー場はもちろん、宿泊施設でもツアーを紹介してくれますので、それを利用するようにしましょう。

 

裏磐梯スキー場
http://www.urabandai-ski.jp/snowshoetrekking/

 

【スポンサーリンク】

 

雪化粧をした金閣寺

京都の冬は大変寒いのですが、市内では雪はほとんど積もりません。

そんな中でも、年に数度積もるような時があります。

そのような情報を得たなら、金閣寺を訪ねてみましょう。

 

普段は、緑の中で黄金の輝きを発している金閣寺ですが、雪化粧をすると全く異なる風情を醸し出します。

入り口から入り、道順に歩いて行くと、いきなり視界が開けます。

そこに雪を被った姿を見ることができます。

 

雪の無いときには、周囲の木々に囲まれ静かに佇んでいますが、雪を被るとまるで化粧をしたかのように輝きを増します。

雪の白と木々の緑、そして金色、この3色のコラボレーションは他では見ることはできません。

余りにきらきらして好きではないと言う人もいる金閣寺ですが、雪化粧をした姿を見て、そう言う人はまずいないでしょう。

 

金閣寺 – じゃらん
http://www.jalan.net/kankou/spt_26101ag2130014551/

 

宍道湖の夕日

島根県松江市にある宍道湖の夕日はとても美しいものです。

一年を通して目を楽しませてくれますが、空気がひんやりとする冬には特に美しさが増します。

 

昼間は松江市内を観光し、夕方日が沈み始める頃に宍道湖のほとりに行きましょう。

湖の中央付近に島がありますが、それを目印にして待つと綺麗な夕日を見ることができます。

 

少し沈み始めると、空が金色に輝き出します。

そして、目で追うことができるくらいの早さで湖に沈んでいくのです。

その時には太陽は真っ赤になり、湖の色も赤く染まります。

 

そして、太陽の沈む西には出雲の地があります。

そのせいでしょうか、夕日の姿が神々しくさえ感じられます。

じっと、ほとりに佇み夕日を見るのも良し、写真の好きな人は撮影に没頭するのも良し。

景色と一体化した時間を過ごすことができます。

 

水の都 松江
https://www.kankou-matsue.jp/shinjiko_yuuhi/

 

まとめ

どれも、なかなか見ることができない珍しい景色です。

一生に一度は見てみたいですよね。

 

冬は空気が冷えるため、景色がより綺麗に見えます。

ピンと張り詰めた寒さの中に、心を暖めてくれるような美しい景色を眺めに行きましょう。

美しい景色は、心の中を洗い流してくれるような気さえします。

寒さ対策を十分にして出掛けましょう!

 

【関連記事】

 

【スポンサーリンク】

ピックアップ関連コンテンツ