家事えもんレシピ 火を使わないカフェカレー!得する人損する人12月29日放送

2016年12月29日放送の「あのニュースで得する人損する人スペシャル」で、
家事えもんと超一流シェフ奥田政行さんが再び対決します!

 

続いて、家事えもんが作るのは、火を全く使わずに2日間煮込んだような本格カフェカレーです。

 

奥田シェフが作る、揚げないカツで負けないカツカレーのレシピはこちら

 

【スポンサーリンク】

 

家事えもんレシピ「火を全く使わずに2日間煮込んだような本格カフェカレー」

<材料 2人前>
<カレー>
  • 牛脂 2個(16g)
  • 米 1合(約150g)
  • 豚細切れ肉 200g
  • ニンジン 2/3本(約100g)
  • タマネギ 1個(約240g)
  • 鶏ガラスープの素 小さじ2(8g)
  • 100%リンゴジュース 200ml
  • ケチャップ 大さじ2
  • 水 大さじ4
  • ピーナツバター 大さじ1(15g)
  • カレールー(中辛) 2カケ(50g)
  • 塩、コショウ 少々
  • 水 60ml
≪ホウレンソウカレー≫
  • ホウレンソウ 4株
  • ピーナッツバター 大さじ1(15g)

 

<作り方>

〜お肉の調理〜

・豚細切れ肉をキッチンバサミで切る

・牛脂と鶏ガラスープの素を入れる

豚、牛、鶏、3つのエキスが入ってうま味アップ!

 

・コショウを入れ、軽く混ぜる

・チャツネの代わりに、水とケチャップを混ぜ合わせたものを加える

チャツネとは野菜や果物に香辛料を加えて煮込んだソースのことで、カレーのスパイシーさに甘みとまろやかさを加えてくれるそうです。

 

・600Wの電子レンジで3分温める

 

〜野菜の調理〜

・タマネギ、ニンジン(皮は剥かない)を切り、ミキサーに入れる

・さらに、100%りんごジュース、カレールーを入れ、ミキサーにかける

ミキサーで細かくすることで、火の通りを時短でき、うま味も凝縮します。

ミキサーがない場合は、おろし金で代用できます。
(ニンジンが固くておろしにくいときは、電子レンジで1分半加熱するといいそうです。)

奥田シェフによると、カレーには、ちょっとした酸味を加えるのがポイントだそうです!

 

 

・電子レンジで温めた肉を半分、別の容器に移す

・ミキサーにかけた野菜を半分入れる

2つに分けるのは、2種類のカレールーを作るためです。

 

・ピーナッツバターを加える

コクと甘みが加わります。

 

・電子レンジで6分温める

 

<ほうれん草カレー>

・ほうれん草を電子レンジで1分半加熱し、えぐみを取る

・冷水でえぐみを洗い流す

・水を切り、残りの野菜の入ったミキサーに入れ、混ぜる

・残りの肉に加える

・ピーナッツバターを加える

・電子レンジで6分温める

 

・2種類のルーをごはんに盛りつけて完成!

 

材料費1人前 272円

調理時間 20分

 

【スポンサーリンク】

 

結果

主婦20人が、「味」、「調理の手軽さ」それぞれ10点満点で審査します。

 

奥田シェフ 味 173点 調理の手軽さ 160点 合計 333点

家事えもん 味 167点 調理の手軽さ 169点 合計 336点

 

またしても、調理の手軽さで家事えもんの勝利です!

やはり、電子レンジ、ミキサーを使っているのが大きいですよね。

 

また2人の対戦を見たいです!

 

奥田シェフが作る、揚げないカツで負けないカツカレーのレシピはこちら

 

【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す