ご当地ポテチ!カルビー47都道府県ポテトチップスの味2019-2020の種類一覧や発売日!

2017年度、2018年度に大好評で話題となった、47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスにした『カルビー ポテトチップス 47都道府県の味』が2019年度も発売します!

今回も、第1弾、第2弾、第3弾と3回に分けて発売されます。

今回で3度目となる『カルビー ポテトチップス 47都道府県の味』ですが、一体どんな味のポテトチップスになるのでしょうか。

これまでも珍しくて興味をそそられる味ばかりだったので楽しみですね。

 

2017年度、2018年度の味はこちら!

 

【スポンサーリンク】

 

2019年度 ポテトチップス47都道府県の味

『カルビー ポテトチップス 47都道府県の味』は、地元の方とワークショップや試食会を行い開発されています。

パッケージの「〜の味」の部分が方言になっているものもあっておもしろいです。

価格は、オープン価格で、想定価格は130円(税込)前後となっています。

 

『カルビー ポテトチップス 47都道府県の味』は地域限定商品ですが、カルビーアンテナショップ「カルビー+(プラス)」でも随時、販売予定とのことなので、全部味わってみたいという方は要チェックです。

カルビー+

 

第1弾の発売日

今回の第1弾の発売日は、2019年9月23日(月)です!

11月上旬終売予定数量限定で無くなり次第終了です。

 

第1弾の味と販売地域

2019年度の第1弾の味は15種類。

 

北海道の味は、「ザンギ味

販売地域:北海道

「ザンギ」は、醤油やにんにく、しょうがの風味のしっかり効いた、ジューシーで香ばしい鶏の唐揚げ。

しっかりとした味付けと後からジュワっと溢れ出る鶏の旨味を再現したポテトチップス。

北海道の味は、2017年度は「山わさび味」、「ちくわパン味」、「昆布しお味」、2018年度は「ラーメンサラダ味」、「山わさび醤油味」、「塩辛じゃがバター味」でした。

 

福島の味は、「クリームボックス味

販売地域:福島・青森・岩手・宮城・秋田・山形・新潟・長野

「クリームボックス」は、厚切りで手のひらサイズのパンに、白いミルク風味のクリームをたっぷりと塗った郡山発祥のご当地グルメ。

パンの香ばしい香り、クリームボックスの特徴であるクリームのミルク感のあるまろやかな味わいを再現し、塩味で引き立たせたポテトチップス。

福島の味は、2017年度は「いかにんじん味」、2018年度は「こづゆ味」でした。

 

長野の味は、「山賊焼き味

販売地域:長野・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・新潟

「山賊焼き」は、タレにつけこんだ鶏の一枚肉を豪快にカラッと揚げた郷土料理。

食べた瞬間ににんにくの風味を感じ、噛むごとに鶏肉の旨味と、揚げ衣の香ばしい風味を味わえるポテトチップス。

醤油だれの味わいの中に、隠し味にジンジャーパウダーを入れているとのこと。

ザクッとした食感で食べ応えがある厚切りのギザギザカット(Vカット)を選択。

長野の味は、2017年度は「キムたくごはん味」、2018年度は「野沢菜漬け味」でした。

 

埼玉の味は、「うなぎの蒲焼味

販売地域:埼玉・茨城・栃木・群馬・千葉・東京・神奈川・山梨

炭火でこんがり焼いたうなぎに甘辛いタレをかけた「うなぎの蒲焼」の味わいを再現。

ほんのりと山椒が香り、また手を伸ばしたくなる味に仕上げたとのことです。

埼玉の味は、2017年度は「やきとん味」、2018年度は「やきとり味」でした。

 

東京の味は、「深川めし味

販売地域:東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨

「深川めし」は、ざっくりと切ったネギと生のあさりを味噌で煮込んで熱いご飯にぶっかけた漁師飯。

あさりの濃厚な旨味とダシの効いた味噌の味わいを再現。

東京の味は、2017年度は「もんじゃ焼き味」、2018年度は「てんぷら味」でした。

 

静岡の味は、「わさび漬味

販売地域:静岡・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・富山・石川・福井・山梨・岐阜・愛知・三重

粕漬け独特のまろやかな甘みの中に、わさびのツーンとした辛さと爽やかな香りが感じられるポテトチップス。

静岡の味は、2017年度は「浜松餃子味」、2018年度は「桜えび味」でした。

 

富山の味は、「とろろ昆布おにぎり味

販売地域:富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知・三重

「とろろ昆布」を食べた時の旨味や酸味と磯の香り、「おにぎり」を食べた時のお米の優しい甘味を合わせた味わい。

富山の味は、2017年度は「白えび味」、2018年度は「富山ブラックラーメン味」でした。

 

滋賀の味は、「サラダパン味

販売地域:滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山

コッペパンにマヨネーズで和えた刻みタクワン漬けを挟んだ滋賀県のソウルフード「サラダパン」の味わいを再現。

「サラダパン」の製造元である昭和26年創業の「つるやパン」が監修。

滋賀の味は、2017年度は「鮒ずし味」、2018年度は「近江牛ステーキ味」でした。

 

京都の味は、「九条ねぎのおうどん味

販売地域:京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山

鰹と昆布からとった京風だしの香りが楽しめるポテトチップス

香り高い京都府産の九条ねぎパウダーを使用。

鰹節と昆布のエキス、醤油を使い、関西のあっさりとした優しい出汁の味を再現。

また、隠し味に生姜の味を少し効かせたとのこと。

京都の味は、2017年度は「ちりめん山椒味」、2018年度は「しば漬味」でした。

 

岡山の味は、「おかやまデミカツ丼味

販売地域:岡山・鳥取・島根・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知

「おかやまデミカツ丼」は、とんかつにデミグラスソースをかけた岡山のご当地丼。

濃いデミグラスソースと香ばしいカツの味わいが特徴で、それに合わせて食べ応えのある厚切りのギザギザカット(Vカット)のポテトチップスを選択。

岡山の味は、2017年度は「津山ホルモンうどん味」、2018年度は「えびめし味」でした。

 

山口の味は、「宇部ラーメン味

販売地域:山口・鳥取・島根・岡山・広島・徳島・香川・愛媛・高知

「宇部ラーメン」は、濃厚な豚骨スープの塩気と脂気の効いた独特の匂いが特徴で、“くさうま”と表現されているそうです。

豚骨の風味の強さとポテトチップスとしての美味しさを両立させた自信作とのことです。

山口の味は、2017年度は「山賊焼味」、2018年度は「チキンチキンごぼう味」でした。

 

愛媛の味は、「松山鍋焼きうどん味

販売地域:愛媛・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・高知

甘く煮込んだ牛肉の風味といりこを使用した優しいだしの味わいが特徴の愛媛のソウルフード「松山鍋焼きうどん」を再現したポテトチップス。

愛媛の味は、2017年度は「おでん辛子味噌味」、2018年度は「じゃこ天味」でした。

 

福岡の味は、「とり皮味

販売地域:福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

甘辛いタレを少し焦がしたような香ばしさ、とり皮の脂の旨みが楽しめるポテトチップス。

お酒にも合うポテトチップスとのこと。

福岡の味は、2017年度は「ごぼう天うどん味」、2018年度は「水炊き味」でした。

 

佐賀の味は、「いかしゅうまい味

販売地域:佐賀・福岡・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

「いかしゅうまい」は、豚肉を使用した一般的なシュウマイとは違い、白身魚のすり身や玉ねぎを使用し、ふわっと香るイカの風味と、プリっとした食感が特徴。

いかしゅうまいに少し醤油とからしをつけた感じをイメージしたとのこと。

佐賀の味は、2017年度は「佐賀のり味」、2018年度は「ミンチ天味」でした。

 

宮崎の味は、「辛麺味

販売地域:宮崎・佐賀・長崎・大分・鹿児島・福岡・熊本・沖縄

延岡発の宮崎ご当地グルメ「辛麺」の味を再現。

チキンスープに唐辛子の辛味、にんにくの旨味が利いた、くせになる美味しさ。

宮崎の味は、2017年度は「チキン南蛮味」、2018年度は「日向夏味」でした。

 

2017年度、2018年度の味はこちら!

 

【スポンサーリンク】

ピックアップ関連コンテンツ