幸せになる方法

イライラしないための方法

誰も自分のことを認めてくれない。

何もかも上手くいかない。

何か理由があるわけじゃないけど、イライラする。

イライラして、自己嫌悪に陥り、後悔する。

そんな負のスパイラルにハマってしまうことはありませんか?

 

イライラしても何も良いことがありません。

それどころか悪い出来事を引き寄せてしまいます。

 

なぜイライラしてしまうのでしょうか?

余裕がなかったり、
体調が悪かったり、
嫌な人がいたり、

様々な要因がありますが、
つまりは、自分の思い通りにならないときだと思います。

 

しかし、この世は、思い通りにならないことだらけです。

イライラしないためにはどうしたらいいでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

体調を整える

心と身体は繋がっています。

疲れているときはイライラしやすくなってしまいます。

十分な睡眠をとり、栄養のあるものを食べて、
適度な運動をして、常日頃から体調を整えておきましょう。

 

感謝できることを探す

良いことがあったときは些細なことではイライラしませんよね。

心が良い状態であればイライラに勝てるのです。

心を良い状態にするために、感謝できることを探しましょう。

 

赤いものを意識すると、赤いものが目につくように、
感謝できることに意識を向ければ、
感謝できることばかりが目につきます。

どんなに些細な小さなことも見逃さないでください。

 

蛇口を捻るだけで水が出てくる。
お湯のシャワーを浴びられる。
暖かい布団で寝られる。
歩ける。
見える。
聞こえる。

 

どんなに些細な小さなことに見えても、
当たり前のことのように思えても、
実は奇跡のようなことばかりです。

 

宝探しです。

見つければ見つけるほどあなたは幸せになれます。

 

人間は感謝しながら、イライラしたり怒ったりできません。

感謝している状態は、様々な良い影響を与えてくれます。

 

いつでもどんなときでも、
感謝できることを探して、常に気分良く過ごしましょう。

 

そして、感謝の気持ちを相手に伝えましょう。

ありがとうと言えば言うほど、相手も自分も幸せになれる、おまけつきです。

 

余裕を持つ

急いでいるときはイライラしやすくなります。

遅刻ギリギリであれば、
ちょっと待たされるだけでも、
イライラしてしまうでしょう。

 

時間の余裕を持って行動しましょう。

これも心の状態を整える方法の一つです。

 

【スポンサーリンク】

 

イライラしてしまったときは

思い通りにならないことに、
なんで思い通りにならないんだと、怒ってもしょうがありません。

どうにかしようとすればするほど、イライラしてしまいます。

 

コントロールできないもの、
変えられないものは、放っておきましょう。

 

そして、感情もコントロールできないものなんです。

感情をコントロールしようとするのではなく、
行動をコントロールしてください。

 

イライラしてしまったら仕方ありません。

しかし、イライラしたときに、
イライラすると口にしたり、
嫌な顔をしたり、態度に出してはいけません。

 

それによって、負のスパイラルにハマってしまうのです。

イライラを止められず、自己嫌悪に陥り、後悔するのです。

 

イライラしたら、放っておきましょう。

自然やかわいい動物を見て、
イライラから目を逸らすようにしてみましょう。

 

まとめ

イライラする要因に、どう反応するかはあなた次第です。

 

大切な時間をイライラして過ごしてしまうのは、
もったいないですよね。

 

イライラしない人になって、
毎日穏やかに、気分良く過ごしましょう。

 

【スポンサーリンク】

幸せになるために絶対必要なもの

幸せになるために絶対に必要なものがあります。

何だと思いますか?

 

これがなければ、
他にどんなものを持っていようとも、
幸せにはなれません。

 

幸せになるために絶対に必要なものとは?

 

幸せになりたい人は、
絶対にこの先を見逃さないでください。

 

【スポンサーリンク】

 

人を幸せにする

人は人とのつながりの中で幸せを感じます。

人間関係を良くすることで幸せになれます。

そのためには人を幸せにすることです。

 

 関連記事:幸せになる方法

 

相手を思いやる
相手が何を望んでいるのか考える
相手を喜ばせる
相手に譲る
常に優しい表情、笑顔で明るく振る舞う
相手のために叱る
・・・

 

人を幸せにするためにできること、

これらを実行する力、
人を幸せにする力こそ、
幸せになるために絶対必要なものです。

 

人を幸せにする力

人を幸せにする力、

 

それは、愛です。

 

相手を思いやる
相手が何を望んでいるのか考える
相手を喜ばせる
相手に譲る
常に優しい表情、笑顔で明るく振る舞う
相手のために叱る
・・・

 

全部、愛の力が必要だと思うのです。

 

もし嫌なことがあって、
イライラしていたり、落ち込んでいたとしても、
笑顔で明るく接する。

 

自分が損をすることになっても、
相手に譲る。

 

どんなときでも、
どんな相手でも、
相手を思いやる力が愛です。

 

なんか優しくできない、したくない。
相手が良くしてくれるんだったら、こっちも良くするよ。
というような態度は、愛がありません。

 

愛の反対はエゴ(利己主義)です。

 

こんなにしてやっているのに。
お前のことを思って言ってるんだ。

 

こういうのは表面的には相手のことを考えているように見えて、
自分の都合のいいように相手をコントロールしようとしています。

 

自分の感情に流されず、
相手の気持ちを理解し、
行動する力が愛です。

 

愛とは、

 

意思の力であり、
努力であり、
スキルです。

 

生まれ持った才能でもなく、
人から与えられるものでもなく、
身につけていくことができる力です。

 

【スポンサーリンク】

 

まとめ

幸せになるためには愛の力を身につけなければなりません。

 

そのためには、日々、愛を意識し、
感情に流されず、相手の気持ちを考え、
勇気を持って行動していくしかありません。

 

愛の力を発揮すればするほど愛の力が増していきます。
筋トレと同じです。
強い意志と努力、日々の積み重ねが必要です。

 

愛の力を身につけて、人を幸せにしていきましょう!

 

 関連記事:幸せになる方法

 

【スポンサーリンク】

幸せになる方法

幸せになりたい!
でも、どうすればいいの?
幸せって何なの?

 

がんばってるのに!
良いことなんて何もない、辛いことばかりだ。
どうせ私なんて幸せになれない。

 

何もかも上手くいかないと感じていたり、
幸せを感じられない時は、
そんな風に思ってしまいますよね。

 

幸せになるにはどうすればいいのでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

一番幸せを感じるとき

人はどんなときに幸せを感じるのでしょうか?

 

美味しいご飯を食べているとき。
暖かくてふかふかなベッドで眠るとき。
宝くじに当たったとき。

 

幸せですね。

 

では、人が一番幸せだと感じるのはどんなときでしょう。

 

それは、誰かから認められたとき、
そして、自分で自分を認められたときではないでしょうか。

 

価値を提供する

認められるためには、
人を幸せにすることです。

 

人を幸せにするには、
相手に価値を提供することです。

 

価値を提供するとは、
相手の役に立つことをする、
相手を喜ばせる、楽しませる・・・

 

つまり、相手が求めているものを提供することです。

 

相手の求めているものは何だろう。
相手のためになることは何だろう。
常にこの視点を持ってください。

 

自分が提供できる価値は何だろうか、
どうすれば提供できる価値を高めることができるだろうか、
考えてください。

 

自分の成長にも繋がり、
より高い価値を提供できるようになり、
より相手を幸せにできます。

 

【スポンサーリンク】

 

幸せになるには、人を幸せにすること

自分には提供できる価値なんてないと、
思われる方もいるしれませんが、
誰でも価値を提供できます。

 

話を聞いてほしい人の話を聞いてあげる。
教えてほしいことを教えてあげる。
困っている人を助けてあげる。

 

提供できる価値はいくらでもあるはずです。

 

価値を提供して人を幸せにすることで、
人から認められ、自分で自分を認められるようになります。
そして、幸せになれます。

 

人を幸せにすればするほど、
自分も幸せになれるのです。

 

【スポンサーリンク】

自分を好きになる方法

自分のことが好きになれない、嫌なところしかない。

もしそんなふうに思っているとしたら、
本当に辛いですよね。

 

自信をなくし、自分は誰からも愛されない、
何も良いことがないと感じているかもしれません。

だんだんと気力も無くなって、何もしたくなくなってしまっているかもしれません。

 

でも、自分を好きになることで、この悪循環を断ち切ることができます!

 

この記事を読んで、もうちょっとだけがんばってみましょう!

 

【スポンサーリンク】

 

理想の自分を演じる

あなたにとって理想の自分はどんな人ですか?

どんな人になりたいですか?

 

理想の自分はどんな人で、どんな考えを持って、どんな行動をとるだろう、
どんな選択をするだろうか、考えてみてください。

 

そして、理想の自分にもうすでになったとして行動してください。

今の自分がやっても何も問題ありません。

理想の自分を演じるのです。

 

理想の自分が想像できない人は、
あんな人になりたいなぁと思う人を思い浮かべてください。

 

あなたが好きになる人はどんな人ですか?

あんな人になりたいなぁと思う、憧れの人はどんな人ですか?

 

その人たちのどんなところに惹かれるのでしょうか。

 

自分に自信を持っていて、誰からも愛されている、
幸せで、いつも笑顔で、イライラしない、
思いやりがある、一生懸命、誠実、約束を守る、おしゃれ・・・

 

今の自分には無理なことばかり、
まだまだ遠くて届かないこともあるかもしれませんが、
今でもできそうなことはありませんか?

 

例えば、いつも笑顔でいることは難しいかもしれないけれど、
少しでも増やそうと努力はできると思います。

少しずつでもできることから始めましょう。

 

始めなければいつまでも今のままです。

しかし、始めれば確実に理想の自分に近づきます。

 

変えられないものを変えようとしない

容姿など、変えられないものについて悩んでも仕方ありません。

辛く苦しくなるだけで、時間も使ってしまいます。

 

分かっていても悩んでしまいますよね。

 

しかし、受け入れるしかありません。

受け入れたとき、あなたは次のステージにいます。

 

変えられるものを変えることだけにフォーカスしてください。

 

【スポンサーリンク】

 

自分との約束を守る

自分が決めたこと、自分との約束を守ってください。

 

早起きする、後回しにしない、遅刻しない・・・

そう決めたなら、守れる約束であるなら、
絶対に守ってください。

 

誰かに約束を破られたら、どう思いますか?

その人のことを好きにはなれませんよね。

 

自分との約束も同じです。

約束を破ったら、自分のことを好きにはなれません。

 

自分を褒める

とにかく自分を褒めてください。

 

今日も会社に行った、学校に行った、
いつもより明るくあいさつができた、
朝ご飯をちゃんと食べた、甘いものを我慢した、

 

どんなに小さなことでもかまいません。

いえ、どんなに小さなことでも見逃してはいけません。

 

褒められることは何でも褒めてください。

 

疲れたーではなく、よくがんばった!です。

 

まとめ

自分を好きになるには努力が必要なのです。

ほんのちょっとの努力の積み重ねです。

背伸びするイメージです。

 

自分を好きになれば、自信もつき、好循環になり、
良いことが増えてくるでしょう。

 

自分を好きになると決めてください。

すぐには好きになれなくて、苦しい時が続くかもしれませんが、
少しの辛抱です。

 

最後に、

自分を大切にしてください。

好きな人を大切にするように。

 

【スポンサーリンク】