4K・8Kテレビの買い時はいつ?チューナーや内蔵テレビはいつ発売?

2018年12月から新たに放送される4K・8K放送は、現在の地上波デジタル放送を遥かに凌ぐ超高精細な画質でテレビを楽しむことができます。

今までになかった臨場感溢れる画質と、立体感のある迫力の映像を楽しめることが最大の魅力で今後が期待されています。

もはや映像とは思えないくらい綺麗で、まるで本当にその場所にいるような気持ちになるくらいのクオリティです。

 

しかし、4Kもまだなのに8Kまで出てきて、いつ買い換えるのが得なんだろうかと迷ってしまいますね。

そこで、4K・8Kテレビのオススメ買い時と、専用チューナーやチューナー内蔵テレビはいつ頃発売されるのか調べてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

4K・8Kテレビを買うのはいつがオススメ?

今やテレビは生活に欠かせない家電で、誰もが毎日見ていると言っても過言ではありません。

せっかく見るなら綺麗な映像で見たいと誰もが思うところですよね。

 

2020年には東京オリンピックもあるので、4K・8Kテレビに買い換えようと思っている方も多いと思います。

4K・8Kテレビなら、陸上トラックやサッカーのピッチでの選手の緊張感まで伝わってくる、まるでその場にいるかのような臨場感が味わえることでしょう。

あなたは、4K・8Kの高画質で東京オリンピックを見たいと思いませんか?

 

4KのKとはキロのことで、1Kは1000ですね。

4Kの解像度は3840×2160ピクセルで、横の3840が4000に近いため4Kと呼ばれています。

フルHDの解像度が1920×1080ピクセルですので、縦横がそれぞれ倍になり4倍の画質になります。

 

そして、8Kの解像度は、7680×4320ピクセルで、横の7680が8000に近いのため8Kと呼ばれています。

縦横がそれぞれフルHDの4倍になり16倍の画質になります。

 

より高画質な8Kテレビが欲しいですが、2017年12月1日にシャープが発売した世界初の8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K LC-70X500」は高額で、まだまだ簡単には購入できないテレビです。

ちょっと高すぎて現実的ではないですよね。

 

それに比べて4Kテレビは価格が安くなっていて、10万円を切るテレビも販売されているので、今テレビを買い換えるなら4Kの方がオススメです

4Kテレビを見るなら40インチ以上のテレビを購入するのがオススメで、決め細やかな映像を見たら驚かれると思います。

 

テレビなどの家電は、自分にとって必要な最低限の機能とコストパフォーマンスを重視して購入すると失敗しないと思います

 

さて、4K・8K放送はまだコンテンツが充実してないので、購入するのは時期早々のように思えますよね。

現在の地上デジタル放送では4Kの解像度に達していないし、今テレビを買い換えても意味がないようにも思えます。

 

しかし、最近発売されている4Kテレビは、地上デジタル放送を4Kの画像に補正してくれるので、4Kの画像と同じようにテレビを見ることができます

ですので、欲しい時が買い時です^^

さあ、買っちゃいましょう!w

 

とはいえ、2020年東京オリンピックが近くなると流通量が増えて需要が高まり価格がより下がると思いますし、4Kコンテンツも充実してくると思うので、私が思うベストな買い時は、2019年頃です。

 

動画配信サービスの4K配信が拡充中!

2018年平昌オリンピックでは、NHKのスーパーハイビジョンで放送するオリンピックの8K番組の一部を試験的に4Kで配信し、ハイブリッドキャスト対応の4Kテレビで見られました

 

動画配信サービスでは、4K配信が随時拡充されていきますので、これから動画配信サービスを楽しみたいという方にも4Kテレビはオススメです

リモコンにNETFLIXのボタンがついた4Kテレビも増えていて、利用している方には好評のようです。

 

現在4K配信を行なっている動画配信サービスはこちら。

U-NEXT

amazonプライム

 

NETFLIX

dTV

ぜひコンテンツをチェックしてみてください。

 

スカパー!でもすでに4K放送を開始しています。(4K放送を見るにはプレミアムサービスへの加入が必要です。)

スカパー!4K

 

WOWOWは、2020年末から4K放送を開始予定とのこと。

一部のサッカーの試合などで、試験的にハイブリッドキャストでの4Kライブ配信を行なっていました。

番組表を要チェックです。

WOWOW

今月は安室奈美恵さんのFinal Tour 2018 ~Finally~ 福岡公演が独占放送されたり、WOWOWだけの魅力的な番組がありますよね。

サッカーやF1、音楽ライブなど、それぞれのサービスでしか見られない番組が4K対応することが待ち遠しいです。

 

また、PS4 Proは4K出力に対応していますので、4Kテレビと合わせることでより高画質でゲームが楽しめます!

超綺麗な映像に感動すること間違いなし!

PS4 Proなどの4K対応ゲーム機を買うなら、ぜひ4Kテレビが欲しいですよね!

 

4K・8K放送のチューナーやチューナー内蔵テレビの発売はいつ?【発売決定!】

4K・8Kテレビを購入したら高画質の映像がすぐ見れると思いきや、現在はテレビを購入しただけでは見ることができないので注意が必要です。

4K・8Kの映像を見るには専用のチューナーが必要ですので、別にチューナーも購入しないといけません。

 

家電量販店などではチューナーがないと見れないと説明してくれますが、ネット販売だと気付かずに購入してしまう方もいるようです。

アナログ放送から地上デジタル放送に切り替わったときも、専用チューナーを買わないとデジタル放送が見られないので混乱が起きましたよね。

 

4Kチューナーはまだ発売されておらず、2018年の夏頃に発売予定で価格は2万円前後だと言われています。

チューナーがテレビに内蔵されたら解決なんですが、まだ4Kの録画規定などが決まってないため、チューナー内蔵テレビは未だに発売していないようですね。

外付けチューナーと同じく、2018年の夏頃には4Kチューナー内蔵テレビが発売されると思います。

【追記】

初の4Kチューナー内臓テレビ、東芝の「レグザ 」6月6日より発売されることが発表されました!

こちらです!

45型も同時発売です。

6月中旬には、同シリーズの55型、65型が追加され、6月下旬にはウーファー付きのモデルが発売されます。

 

また、東芝の4K録画対応チューナー「TT-4K100」を今秋より発売するとのことです。

 

今はまだ買い替える必要がないという方は、少し我慢して4Kチューナー内蔵テレビの発売を待った方がチューナーを別付けする手間やスペースが省けて良いかもしれません。

 

まとめ

ということで、4Kテレビは欲しい時が買い時ですw

 

ですが、今のところ4K・8K放送は、2018年12月1日から順次BS・110度CSなどで実用化され、地上デジタル放送は現行のままの放送予定です。

 

初の4Kチューナー内臓テレビ、東芝の「レグザ」が6月6日より発売されることが発表されました!

また、4K録画対応チューナー「TT-4K100」を今秋より発売するとのことです。

 

個人的には、2020年東京オリンピックが近くなると流通量が増えて需要が高まり価格がより下がると思いますし、4Kコンテンツも充実してくると思うので、2019年頃が買い時だと思います。

 

2020年東京オリンピックが開催されますから、ぜひ4K・8Kテレビの大迫力で高画質の鮮やかな映像を楽しみたいですね。

 

もちろん、テレビが壊れて今すぐに買い替える必要があるという方、動画配信サービスも楽しみたいという方、4K対応ゲームがしたいという方は、今が買い時です!

 

初の4Kチューナー内臓テレビはこちら!

 

4Kチューナーは付いていないけれど、コストパフォーマンスの高いオススメの4Kテレビはこちら!

 

【スポンサーリンク】

ピックアップ関連コンテンツ