4K・8Kテレビの買い時はいつ?チューナーや内蔵テレビはいつ発売?

2018年12月から新たに放送される4K・8K放送は、現在の地上波デジタル放送を遥かに凌ぐ超高精細な画質でテレビを楽しむことができます。

今までになかった臨場感溢れる画質と、立体感のある迫力の映像を楽しめることが最大の魅力で今後が期待されています。

もはや映像とは思えないくらい綺麗で、まるで本当にその場所にいるような気持ちになるくらいのクオリティです。

 

しかし、4Kもまだなのに8Kまで出てきて、いつ買い換えるのが得なんだろうかと迷ってしまいますね。

そこで、4K・8Kテレビのオススメ買い時と、専用チューナーやチューナー内蔵テレビはいつ頃発売されるのか調べてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

4K・8Kテレビを買うのはいつがオススメ?

今やテレビは生活に欠かせない家電で、せっかく見るなら綺麗な映像で見たいと誰もが思うところですよね。

2020年には東京オリンピックもあるので、4K・8Kテレビに買い換えようと思っている方も多いと思います。

 

まず、4Kと8Kテレビの違いですが、4Kは現行のフルハイビジョンの4倍、8Kは8倍高画質なので、8Kテレビの方が高画質ということですね。

 

より高画質な8Kテレビを買いたくなりますが、2017年12月1日にシャープが発売した世界初の8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K LC-70X500」の販売価格は、現在100万円近い価格ですので、簡単には購入できないテレビです。

 

それに比べて4Kテレビは価格が安くなっていて、10万円を切るテレビも販売されているので、今テレビを買い換えるなら4Kの方がオススメだと思います。

4Kテレビを見るなら40インチ以上のテレビを購入するのがオススメで、決め細やかな映像を見たら驚かれると思います。

 

さて、4K・8K放送はまだコンテンツが充実してないので、購入するのは時期早々のように思えますよね。

現在の地上デジタル放送では4Kの解像度に達していないし、今テレビを買い換えても意味がないようにも思えます。

 

しかし、最近発売されている4Kテレビは、地上デジタル放送を4Kの画像に補正してくれるので、4Kの画像と同じようにテレビを見ることができます。

ですので、欲しい時が買い時ではありますが、2020年東京オリンピックが近くなると流通量が増えて需要が高まり価格がより下がると思いますので、私が思うベストな買い時は、2019年頃だと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

4K・8K放送のチューナーやチューナー内蔵テレビの発売はいつ?

4K・8Kテレビを購入したら高画質の映像がすぐ見れると思いきや、テレビを購入しただけでは見ることができないので注意が必要です。

4K・8Kの映像を見るには専用のチューナーが必要ですので、別にチューナーも購入しないといけません。

 

家電量販店などではチューナーがないと見れないと説明してくれますが、ネット販売だと気付かずに購入してしまう人もいるようです。

アナログ放送から地上デジタル放送に切り替わったときも、専用チューナーを買わないとデジタル放送が見れないので混乱が起きました。

 

4Kチューナーはまだ発売されておらず、2018年の夏頃に発売予定で価格は2万円前後だと言われています。

 

チューナーがテレビに内蔵されたら解決なんですが、まだ4Kの録画規定などが決まってないため、チューナー内蔵テレビは未だに発売していないようですね。

 

別付けチューナーと同じく、2018年の夏頃には4Kチューナー内蔵テレビが発売されると思います。

少し我慢して4Kチューナー内蔵テレビを買う方がチューナーを別付けする手間が省けて良いと思いますね。

 

まとめ

アナログ放送から地上デジタル放送に切り替わってから、すでに10年以上経ったと思うとあっという間ですよね。

今のところ4K・8K放送は、2018年12月1日から順次BS・110度CSなどで実用化され、地上デジタル放送は現行のままの放送予定です。

 

2020年東京オリンピックが開催されますから、ぜひ4K・8Kテレビの大迫力で高画質の鮮やかな映像を楽しみたいですね。

 

【スポンサーリンク】

ピックアップ関連コンテンツ