カラオケで上手く歌う方法〜楽に声が出るようになる方法

J-Popの歌は音程が高く広い曲が多いので、
カラオケで、高い声が出ない、後半疲れて歌えなくなる、
という悩みを持っっていませんか?

 

そんなあなたに教えてあげたいことがあります。

 

歌うときに意識するだけで、楽に歌えるようになる方法です。

これを意識して練習すれば、音域も広がるでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

リラックスして身体の力を抜く

緊張していたり、喉や肩に力が入っていると、
声が出にくくなってしまいます。

 

歌う前にストレッチやヨガをして、
身体をほぐしましょう。

 

歌う前だけでなく、普段からストレッチをして、
柔軟な身体を保っておきたいですね。

 

歌っているときに、余計な力が入っていないか、
意識してみてください。

 

特に、歌の後半、息が切れてきたときなど、
呼吸が上手くできていないときに、肩で呼吸をしてしまい、
肩に力が入りやすいです。

 

また、自分の出しにくい音域の声(特に高音)を出そうとするとき、
喉に力を入れて無理矢理出そうとがんばっていませんか?

 

声を無理矢理出そうとすると、喉を締め付けてしまい、
逆に声は出なくなり、すぐに疲れてしまいますし、
喉を痛めてしまいます。

 

楽に出せる音程で、一番声がよく響いているなと感じるときの身体の状態を覚えてください。

それが一番声が出る状態です。

出しにくい音程でもその状態をキープするよう意識してください。

 

それで出ない音程は、今はまだ出せない音程なので、
曲のキーを自分の音域に合わせましょう。

 

出せない音程を無理矢理出そうとしても出るようにはなりませんし、歌も上手くなりません。

また、無理に出した声は綺麗でないので、聴いているほうも辛いです。

 

どの音程でも、ファルセットでも、同じ楽な状態で出すことがベストだと分かると思います。

 

【スポンサーリンク】

 

口を大きく開く

口を大きく開くことで、声量が増え
喉に力が入りにくくなります。

 

口を開くとき下あごをがんばって開こうとして、
首に力が入っていませんか?

首に筋が出ていないかチェックしてみてください。

 

口を開く時は、首に力が入らないように、
そして、頬を上げるようにしてみてください。

 

腹式呼吸を理解する

腹式呼吸はコントロールしやすいため発声に有利です。

 

腹式呼吸では、お腹に空気を入れると思ってしまいますが、
肺に空気が入ることに変わりありません。

当たり前ですね(笑)

 

当たり前ですが、注意してください。

肺に空気が入っていくことを意識することで、
より呼吸をコントロールできると思います。

 

腹式呼吸は、肺の下側、横隔膜を下げて肺を広げる呼吸です。

疲れると肺の上側、肩を上げて肺を広げる呼吸になりやすいです。

 

腹式呼吸では、お腹の前だけでなく、
横側、背中側も膨らむようにするとより多く空気を取り込めます。

 

まとめ

歌に集中できるように、無意識にできるように、
身体にしみ込ませていく必要はありますが、

 

今までできていなかった人ほど、
すぐに効果を感じると思いますので、ぜひ試してみてほしいです。

 

共通点は、自分の身体の状態を知るということです。

自分の身体の状態に意識を向けてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す