関ジャム 売れっ子音楽プロデューサーが選ぶ2018年上半期ベスト5は?7月15日放送

2018年7月15日の深夜放送の『関ジャム 完全燃SHOW』は、「売れっ子音楽プロデューサーが選ぶ2018年上半期ベスト5」です!

今年2018年の上半期に発表された楽曲から、売れっ子プロデューサーそれぞれが注目する曲やすごいと思ったアーティストの曲を選ぶ、恒例となった大人気企画です!

待ってました!

ワールドカップの決勝の熱が冷めやらぬなか、こちらも熱いです!

 

これまでの「売れっ子音楽プロデューサーが選ぶベストソング」はこちら!

 

今回は、毎度お馴染みの蔦谷好位置さん、いしわたり淳治さん、そして初登場のmabanuaさんの3人が2018年上半期のベストソングを教えてくれました!

mabanuaさんは、所属アーティスト全員がプレイヤー兼プロデューサーというレーベル「origami PRODUCTIONS」に所属し、SALUや米津玄師など、今の音楽シーンを席巻する若手を中心にプロデュースしています。

蔦谷さんが「売れっ子音楽プロデューサーが選ぶ2016年ベスト10」のときに絶賛していました。

今若手No.1の音楽プロデューサーとのことで、mabanuaさんにも注目です。

 

どんなアーティスト、曲を紹介してくれるのでしょうか。

楽しみですね♪

それぞれ独自の視点にも注目です!

 

【スポンサーリンク】

 

売れっ子音楽Pが選ぶ2018年上半期マイベスト5

 

蔦谷好位置 ベスト5

1位 「陽炎 -movie version-」サカナクション

「この曲のメロディーは最初から最後までの5つの音しか使われていません。
五つの音だけで使うペンタトニックスケールの曲というのは、世界中の民謡や童謡、ポップソングに数え切れないほどありますが、この曲はその5音でいかに仕掛け、その中でいかに遊び、そして耳に残る強烈な曲にするかに挑戦したような曲に感じます。
技術、知識、経験をしっかりと持った上で、さらに想像を爆発させた怪曲です。」

5音だけで作られたメロディーはたくさんあるが、良いものを作るのが難しい。
イントロのギターのフレーズも同じ5音で出来ていて、「この歌は5音ソングですよ」と暗示している。
イントロのギターのメロディーは2拍のフレーズで規則正しいが、Aメロのアルペジオは1.5拍のフレーズで、小節に対して頭がずれるようになっていて組み合わせの妙を出している。
同じことをやっている中で少しずつ変化ををつけていくことで、グルーヴに波が出てくる。
などなど、これらを5音だけでやっていますというのが、他の人には出来ないこと。

しかも、サカナクションの山口さんはそこまで考えて作っている気がするとのことでした。

「技術がちゃんとあった上で、形式的にならないで想像を爆発させられる、これがアートだと思う」「本当にすごい曲」と大絶賛!

 

2位 「comrade feat. 三浦大知」SOIL&”PIMP”SESSIONS

数々のビッグフェスに出演している、5人組のインスト・ジャズバンドが三浦大知とコラボ!

「元々インストのジャズバンドですが、今回のアルバムはガラッとスタイルを変えてヒップホップや R&B 的アプローチをしている曲が多数ありました。
ジャズバンドとしてしっかりとした実績を持つ彼らが、予定調和ではないコラボレーションで、やや閉鎖的な日本のシーンに一石を投じる金字塔的作品です。」

 

3位 「Siren」向井太一

2013年よりソロ活動を行うシンガーソングライター。

「R&Bを歌うのに絶対的に必要な条件の一つに色気があげられます。
彼は歌声、歌唱法、ルックス、佇まいと、必要な色気を全て兼ね備えているシンガーです。
tofubeatsによるミディアムなブギートラックも見事で、一音一音のチョイスが絶妙でそれらが織り成されることによりシンプルなループ構成にドラマ性を生んでいます。」

向井太一さんは、フューチャーR&Bという、R&Bの柔らかい音色をトラップなどのビートで合わせる先鋭的なトラックで歌い続けてきて、マニアックになりがちなところを、

80年代後半に流行った「ニュージャックスウィング」というスタイルを取り入れ(ボビー・ブラウンの「Every little step」という曲のトラックのに似せたり、メロディーのオマージュもあったり)、ジャズのスタンダード「枯葉」のコード進行を使った甘いメロディーなどで、向井さんの持っているセクシーさを引き出した、tofubeatsの素晴らしいプロデュースを大絶賛!

 

4位 「FAKE LOVE」BTS(防弾少年団)

2013年に韓国でデビューした、7人組ヒップホップボーイズグループ。

「アジア圏のアーティストが母国語で全米ビルボードアルバムチャート1位になったことは今年上半期の最も大きなニュースのひとつです 。
これまでに韓国のアーティストたちが切り開いてきた道をしっかりと歩んできた結果だと思います。
メロディが昨年ブレイクしたポスト・マローンの「rockster」に少し似ているのですが、それも現在のラップシーンと歌唱を上手く融合させたポスト・マローンの手法や、今の音楽シーンをとても研究しているものです。」

トラップというビートでは三連符でラップすることが多く、三連符の三つ目を抜いたラップが多いが、それを歌唱の中にも取り入れた、今までの歴史上なかったメロディーになっている。とのこと

 

5位 「Kawasaki Drift」BAD HOP

2014年に活動をスタートした8人組ヒップホップクルー。

「彼らは全員が川崎出身の元不良の集まりで、地元のことや体験してきたことをリアルにラップしている。
いつの時代も若者の行き場のない憤りを音楽のエネルギーに変えてきた歴史はあるが、彼らもまた音楽に出会ったことで光を見つけたんだと思う。
トラックは現在世界を席巻しているトラップのビートで、ラップも最新のフロウを取り入れ、ファッションも非常にスタイリッシュ。
彼らがiTunes総合チャートで上位にいることが当たり前になったのが非常に今を感じます。」

 

蔦谷さんの知識と音楽を聴いている量が半端ない!

 

いしわたり淳治 ベスト5

1位 「どーん!とやってこい、ダイスケ!」竹原ピストル

アルバムの収録曲ながら企業CMに起用され話題になった楽曲。

「聞いた瞬間、日本のどこかで替え歌になって歌われている画が浮かびました。
一般的に替え歌には2種類あります。
一つは、ただの悪ふざけの替え歌で、もう一つは「いとしのエリー」に代表されるような歌詞中の名前を「好きな人」の名前に変えて歌うというような、歌う人にとって”実用的”な替え歌です。
サビで「どーん!とやってこい」と繰り返し、最後に名前を言う。
このシンプルなメロディーと歌詞は、みんなで合唱しても、一人で歌っても、きっと素敵な贈り物になるのではないでしょうか?」

阿久悠さんも替え歌になったらどうなるということまで考えていたそうです。

替え歌になるところまで考えている人はほぼいない中、この曲は世代を超えたヒット曲になる可能性を秘めていると感じたそうです。

勝ち負けに関係ない応援の仕方の応援歌という部分にも注目されていました。

 

2位 「初恋」宇多田ヒカル

「『もしもあなたに出会わずにいたら 誰かにいつかこんな気持ちにさせられたとは思えない』という一回聞いただけで意味がわかるけれど、あまり聞いたことがない表現。
このような『どれくらい好き?』の答えとしてとても秀逸なキラーフレーズが連打されています。」

「これまでは英語や日本語が感情を伝えるツールだったのが、日本語の面白さに気付いてから書いたという感じがする。」とのことでした。

蔦谷さんによると「メロディもほとんど動いていなくて、後ろの音もすごくシンプル。これで勝負しようっていけるのが、それも含めて覚悟がすごい!アーティストとしての厚みというか、普通できないですよね!」とのことでした。

 

3位 「拝啓、少年よ」Hump Back

2009年に高校の軽音楽部で結成した、大阪出身の3ピースガールズバンド。

「歌い出しでハッとさせる言葉と声とメロディー。
いわゆる流行と無縁の場所で、憧れや夢やロマンといった、かつてのロックが本来持っていた美しさや強さを、若い3人の女性が3つの楽器だけで完璧に表現していて素敵です。」

 

4位 「やめちまぇ!」湘南乃風

「上半期のサビ頭大賞という感じでしょうか。
サビ頭の『やめちまぇ!』というインパクトの強い言葉、そこから逆説的に応援歌として展開していく歌詞世界。
曲が流れた瞬間、たった一言で利き手の耳をさらっていくような、瞬発力のある、素晴らしい言葉選びだと思いました。」

 

5位 「ドラえもん」星野源

「これほど長い歴史のある『ドラえもん』という作品を真正面から背負うのはかなり覚悟のいることです。
星野源というアーティストの今の時代における無敵感、余裕、ある種の凄みのようなものを感じる事件だと思いました」

「ストーリーはこれです。でも寄せすぎないで」というオーダーが多い中、タイトルも「ドラえもん」で、歌詞の中にもキャラクターが登場させている。
これができる星野源さんの今の時代の無敵感がすごいとのことでした。

 

mabanua ベスト5

1位 「祝日」カネコアヤノ

詞や曲の独特の世界観の共感を呼んでいるシンガーソングライター。

「歌詞がすごく好きです。
例えば「幸せのためならいくらでもずる賢くいようよ いつまで一人でいる気だよ」の所とか。
選ぶワードに一癖二癖あって一度聴くと忘れられない。
あと、Aメロからサビまで感情に合わせて変幻自在に声色を変えられる所も、曲のストーリーが伝わってきて面白いです。」

普通の恋愛ソングとは一味違う意味深な歌詞に注目。

ストーカーの歌?

感情に合わせ声色を変えるのはすごいことで、音楽を分析して聴いてしまうというmabanuaさんも、分析せずに音楽として聴けたとのこと。

 

2位 「ドラえもん」星野源

「この曲の面白さはとにかく『質感』。
今やポップスではリバーブ、エコーという空間を表現するエフェクターは当然のように使用されていますが、星野源はほぼ空間系の処理をしていない。最近のJ-POPのヒット曲では珍しいと思います。
リバーブをかけずに、短い音にすることで歯切れが良くなりリズムが立ち、曲がタイトになっていきます。
これが星野さんの楽曲にキレを生み出している要因だと思います。」

 

3位 「Everybody Wants To Be Famous」Superorganism

18歳の日本人・オロノがボーカルを務める、8人組多国籍バンド。

SNS上で知り合って組んだバンドだそうです。

「サイケデリックなサウンドの中にロックやエレクトロミュージック、ヒップホップなど様々なジャンルが混ざっている、まさに『ノンジャンル』なバンド。
メンバーの中に複数のソングライターがいたり、サウンドエンジニアがいたり、なぜか3人コーラスがいたり、既存のバンド形態に囚われないところも面白いです。」

 

4位 「Coincidence」KID FRESINO

2013年にソロデビューした、埼玉県出身の24歳。

「一言で言えばHIP HOPの法則にとらわれないことをやろうとしているのが魅力的です。
日本語と英語を巧みに混ぜたリリックに耳を引かれてよくよく聴いてみると、後ろのトラックとラップのリズムが綿密にリンクしていて、ただ同じリズムの上で延々ラップするわけではなく、すごく全体のアレンジを見据えて構築されている。」

バンドを使って打ち込みを使っていなかったり、サビに近くなったらリズムを変えたり、拍子を変えたり、普通ラッパーの人は同じリズムがいいが、あえてリズムを変えている、とのこと。

蔦谷さんもずっと注目していたアーティストだそうで、「ヒップホップはいかに気持ち良いループを見つけるかみたいなところがあるが変化していくというのはあまり無かった。ラップも変幻自在、声もいいし絵が持つルックスをしていて、MVもいつもカッコいい」とのことでした。

 

5位 「陽炎 -movie version-」サカナクション

「サカナクション印のメロディーやカラーはありつつも、80’s Boogie的なブラックミュージックのテイストが色濃く出ていて、ブラックミュージックが好きな僕としてはビビっときました。
あと、この曲のドラムは『トリガー』という手法を使い、生ドラムと打ち込みのドラムを混ぜて鳴らしているらしく、海外で流行り始めた手法なのですが、サカナクションは日本でいち早く取り入れたらしい。」

トリガーとは、生音の発音タイミングで打ち込みの音が鳴るようにするテクニックのことで、この手法を使って生ドラムと打ち込みのドラムの音色を混ぜ合わせています。

ドラムの音色に注目してみてください!

 

【スポンサーリンク】

 

今回も興味深い話が聞けて勉強になりました!

それぞれの視点が面白いですよね!

違う視点から、同じ曲が選ばれていたり!

 

プロデューサーの分析力もすごいなと羨ましくなりますが、ランクインしたアーティストの才能にも嫉妬します。

本当にすごい!

これからのさらなる活躍に注目です!

 

2018年ベスト10も楽しみに待ちたいと思います!

 

【関連記事】

 

【スポンサーリンク】

ピックアップ関連コンテンツ