季節

au CM 大中小の福袋の中身は?三太郎プチ福袋の中身は?

2017年、あけましておめでとうございます!

お正月はいかがお過ごしでしょうか?

やっぱり芸人さんはおもしろいな〜とテレビを見ていたら、auの三太郎シリーズの新しいCMが目に留まりました。

「大中小の福袋」篇という、お正月用のCMなんですが、この福袋の中身はなんだろうと気になってしまいました。

 

続きを読む

潮干狩りの時期はいつからいつまで?どこでできるの?無料と有料の違い

毎年春頃からよく耳にする「潮干狩り」

海に行って貝を掘るもの、ということはみなさんご存知だと思いますが、

実は詳しいことはよくわからない・・・。

そういう人も多いと思います!

美味しい貝が食べれるだけでなく、レジャーとしても楽しめる「潮干狩り」について役立つ知識をまとめてみました!

【スポンサーリンク】

■潮干狩りにベストな時期

潮干狩り1

潮干狩りに最も適した時期は4月下旬~6月くらいまで。

実際この時期になると、潮干狩りに行く、行ったという声が聞こえてきます。

潮干狩りで収穫できる代表的な貝といえばアサリやハマグリですが、収穫するだけなら季節問わず年中できてしまいます。

ではなぜ、4月下旬~6月までが潮干狩りのシーズンなのでしょうか?

その理由は「潮干狩り」という名前がポイントです!

潮干狩りは、干潮時、つまり潮が引いた砂浜でしかできません

潮の満ち引きは、場所や日によって違うのですが、季節によっても変わります。

潮の話になると少し難しい話になってしまいますが、おおまかに言うと春~夏は潮が引いている時間が昼に長く、秋~冬は夜に長くなっています。

屋外、海での作業なので、冬の夜に行うには気温や水温が低いので厳しく、また真夏だと熱中症などの心配があります。

なので単純に貝を獲るだけではなく、「潮干狩り」というイベントを最大限楽しむためには、気温や水温が適温で干潮時間が行動しやすい昼に長い、4月下旬~6月が条件的にベストです!

【スポンサーリンク】

■潮干狩りはどこでできるのか

潮干狩り3

潮干狩りできる場所は主に二種類に分けられます。

無料の場所有料の場所です。

潮干狩りシーズンになると有料の場所が圧倒的に多くなりますが、無料でできる場所も存在します。

無料でできる場所があるなら、当然そっちのほうがお得でしょ?

そう思う人も少なくないと思います。

ですが、有料にはそれなりのメリットもあり、無料がいいのか有料がいいのか、各々の主な目的などによって変わって来ると思います。

まず有料と無料でどう違うのか、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

無料スポット

メリット

  • 無料で気軽に楽しむことができる
  • 天然の貝が獲れる
  • 貝を持ち帰る量の規定がない

デメリット

  • 混雑している場合が多い
  • 貝が獲りつくされていて、獲れない場合がある

有料スポット

メリット

  • 人工的にあさりが撒かれていて、安定してあさりが獲れる
  • シャワー室や道具のレンタルなど、設備が整っている場所が多い

デメリット

  • スポットごとに値段が違い、高い安いなどの差が激しい
  • 貝を持ち帰る料金は大体が含まれているが、規定量を超えると追加料金が発生することが多い

このように、有料スポットと無料スポットでそれぞれメリット・デメリットがありますが、どちらがおすすめかというと

潮干狩りなんだからやっぱり貝が獲れなきゃ意味が無い!

少しでも多く獲りたい!

という人には有料スポット

磯遊びのついでに潮干狩りもしたい!

貝が獲れなくても楽しめれば充分

という人には無料スポットがおすすめです。

潮干狩りスポットは海があるところでは至るところにありますが、がっつり貝を獲りたい人は、そのスポットの中でもどこがいいのか下調べして選ぶのが吉です。

また無料スポットで潮干狩りをしたい人も、有料潮干狩りスポットが多くなっている時期には、きちんと調べておかないとうっかり有料のスポットに行ってしまうこともあるかもしれません。

また、どちらに行く場合でも潮が引いていなければ潮干狩りはできないので、何日の何時に潮干狩りができるのかわかる潮見表がありますので、こちらは必ずチェックしておきましょう!

潮見表は、各潮干狩りスポットのHPなどに掲載されていることが多いですが、もしない場合は海上保安庁のHPでも潮見表が見れますのでそちらを見てみて下さい。

■まとめ

  • 潮干狩りのベストシーズンは、昼に潮が大きく引く4月下旬から6月くらいまで
  • 潮干狩りができる場所は海がある地域なら至るところにあるが、有料の場所と無料の場所がある
  • 有料の場所は人工的にあさりを撒いている所が多く、無料の場所より比較的獲れやすい
  • 潮干狩りシーズンでも毎日潮干狩りができる訳ではなく、いつできるのかは各場所の潮見表をみてチェック

【スポンサーリンク】

母の日と父の日 人気のペアセットギフトで一緒にお祝いしよう!

母の日と父の日、いつだかご存知ですか?

そう、母の日は5月の第2日曜日、父の日は6月の第3日曜日です。

母の日が終わってわずか1ヶ月と少ししたら父の日。

別々にプレゼントを用意するのはちょっと大変ですよね。

母の日が終わって安心してしまい父の日を忘れてしまい、お父さんが寂しい思いを・・・。

そんなこともあるかもしれません。

そこで、母の日と一緒に父の日もやってしまいましょう!

時間や手間が省けるだけでなく、同時にプレゼントを貰ったらお父さんお母さんの喜びも倍、みんなが嬉しいってとっても素敵だと思いませんか?

今回は母の日、父の日に、二人を一緒にお祝いできる素敵なギフト、プレゼントをご紹介します♪

【スポンサーリンク】

どんなプレゼントがいいの?

みなさん真っ先に悩むことは、まずこれですよね。

そこで、独自に人気のプレゼントをリサーチし、中でもおすすめのプレゼントをご紹介しますので、是非参考にしていただければと思います。

まずはやっぱり人気のペアセット!

夫婦茶碗

夫婦茶碗

定番だからこそおすすめしたい、根強い人気があるのが夫婦茶碗です。

夫婦茶碗は柄は同じものでも大きさが違うのはご存知ですか?

旦那様用のは少し大きく、奥様用のは少し小さくできているのですが、これはお互いの手にしっくりくるように、といった「思いやり」なんです。

夫婦に限らずですが、「思いやり」ってすごく大事なことですよね。

毎日する食事で使う茶碗で、「思いやり」を感じられる。

ましてや我が子からのプレゼントとなると、その度に優しい気持ちになれる素敵なプレゼントだと思います♪

キャラクター物やお洒落なもの、ちょっとユニークなものまで豊富な種類がある夫婦茶碗。

きっとお父さんお母さんにぴったりなものが見つかるはずです!

思い出をプレゼント!

プレゼントは何も品物だけとは限りません。

普段忙しいお父さんお母さんに、特別な時間と思い出をプレゼントしませんか?

温泉など旅行のプレゼントも良いですが、泊まりとなるとなかなか都合がつかなかったり予算的にもちょっと厳しい・・・。

そんな人には食事のプレゼントがおすすめです!

食事・乾杯

ご家族そろって、夫婦だけで、レストランで、自宅で手料理をプレゼント等々。

一口に食事といってもいろいろなプランがたてられます♪

お店でしたら、サプライズケーキや手紙などお店の方と相談して用意するのもいいですね!

【スポンサーリンク】

ちょっと変わったものをプレゼントしたい・・・。

そんな方におすすめなのがずばり!

盆栽です!

盆栽

実は今回私が個人的に一番素敵だと思ったのは、この盆栽のプレゼントなんです。

盆栽というとお庭でわりと年配の方がやってるイメージがありませんか?

それが、昨今では室内でも手軽にできるものがいっぱいあるんです!

もちろん、お庭があるほうが選択肢が増えることは確かなんですが、たとえば室内で桜の盆栽を育てることもできちゃいます♪

ただの鉢植えとは違い(鉢植えもとても素晴らしいのですが)、自分で「育てる」、「仕立てる」楽しみがある盆栽。

お手軽なものから本格的なもの、華やかな花が咲くものから凛とした葉姿のものなど、選んでいるだけでウキウキしてくること間違いなしです!

最後に

プレゼント選びというのはとても難しく、とても楽しいものだと思います。

ここでご紹介したものはほんの一例です。

皆様の好きなもの、皆様のお父様お母様の好きなもの、ご家族の思い出のもの・・・。

値段や見た目に関わらず、一生懸命に選んだプレゼントはそれだけで価値がある素晴らしいものです。

皆様とご家族の方の特別な日を少しでも素敵なものにするお役に立てたら幸いです。

最後までご覧頂き、心から御礼申し上げます。

【スポンサーリンク】

2016年の母の日はいつ?喜ばれるおすすめプレゼントと相場

2016年の母の日はいつだっけ?

気づけば今年ももう四月・・・そういえば、来月は母の日!?

母の日は、毎年5月の第二日曜日。

プレゼントに何を贈ろうか、直前になってあわてることのないように、今からしっかりリサーチしておきましょう!

毎年贈る人も、今年初めて贈る人も必見!?

絶対喜んでくれること間違いなしのおすすめの「母の日のプレゼント」をご紹介します!!

【スポンサーリンク】

■定番もいいけれど、やはり気になるのは今年のトレンド!

2016年の母の日のプレゼントの傾向はどうでしょうか?

独自にリサーチしてみました!

 

☆「花」☆

え?花って・・・ありきたりでしょ・・・^^;

そう思いましたよね?

一言で「花」といっても、生花だけではありません。

「花」にちなんだ素敵なプレゼントをご紹介します!

 

ローズバス

家事に、仕事に、多忙なお母さんを癒してあげたい!

バラの香りに包まれて、優雅に心身共にリラックス♪

見た目にも華やかなバラを散りばめたお風呂でお母さんも癒されること間違いなし!

美容好きなお母さんならいっそう喜んでくれそうですよね^^

 

花時計

やはり、形に残るものを送りたい・・・。

そんな人にお勧めなのが花時計です!

ちょっと奮発してお花がぎっしり詰まった豪華な花時計、リーズナブルだけれどセンスが光るワンポイントお花を使ったミニサイズ等々♪

お母さんの好みにも合わせられる豊富な種類が魅力です!

他にもフラワーケーキや花をモチーフにした素敵なプレゼントがいっぱいあります。

花なんてありきたりでつまらない・・・そう思っている人も是非参考にしてみて下さい^^

 

☆「キッチン用品・食器」☆

毎日食事をつくってくれるお母さんに感謝を込めて

便利なもので楽をさせてあげるのも良し、お洒落なもので楽しくさせてあげるのも良し!

プレゼントにおすすめのキッチン用品・食器をご紹介します^^

 

シャトルシェフ

一見、ただのお鍋にみえますが、なんと余熱で調理ができるすぐれものなんです!

火を使う時間を短縮できるので家計も助かり、コンロにつきっきりじゃなくても吹きこぼれや焦げ付きの心配もありません♪

保温力が高いため、家族の食事時間がバラバラでも温めなおす手間もありません。

一石二鳥ならぬ一石三鳥のシャトルシェフ、おすすめです!

 

ダブルウォールグラス

飲み物が宙に浮いているように見えるお洒落なグラス♪

お洒落なだけじゃなく、保冷、保温にも優れているので冷たい飲み物にも温かい飲み物にも最適!

名入れもできるので喜んでもらえそうですね^^ リーズナブルなものからちょっと高価なものまで、選んでるだけでも楽しくなるようなキッチン用品、食器類のプレゼント♪

きっとお母さんにぴったりなものが見つかると思います^^

【スポンサーリンク】

■プレゼントの見当はついたけれど・・・これって安すぎ?高すぎ?

プレゼントしたいものがだいたい決まってくると気になるのが価格。

いわゆる「相場」ですよね><

プレゼントに値段は関係ないとはいってもやはり気になってしまうのが相場というもの。

2016年の母の日のプレゼントの相場も調べてみましょう♪

 

一般的な予算は3000円〜5000円

年代によってバラつきはありますが、だいたいの方が「5000円以内」の予算になっています。

学生さんの場合、少し低くなり「3000円以内」が一般的な相場のようです。

気になる実母と義母の相場差額

こちらは、実母、義母共にやはり「3000円〜5000円以内」が多くなっています。 あまり大きな予算の差はなく、差額もほとんどなさそうです。

傾向的にあまり高価なものよりも、手頃な価格で探す方が多いようです。

そのほうがお母さんも気を使わず素直に喜んでくれるかもしれませんね♪

 

■とっても素敵な母の日

このページをご覧になっているお母さん想いの素敵な方達へ

今や恒例のイベントになっている母の日。

母の日はいったいいつ、どのようにできたのでしょうか?

母の日の由来と伝えられているのは、アメリカの一般女性アンナ・ジャービスが行った母親の追悼式です。

1908年5月10日、アンナの母、ミセス・ジャービスの追悼式が、フィラデルフィアの教会で行われました。

そこでアンナは、参加者ひとりひとりに、母親の好きだった白いカーネーションを1輪ずつ手渡したのです。

ミセス・ジャービスは夫を早くに亡くし、さらに、10人産んだ子供の内8人をも病気や戦争で亡くしてしまいます。

それでも、女手一つで残された2人の子供を育て上げました。

また、貧しい人達の為の募金活動、戦争時には敵味方双方の看病をする心優しい女性でした。

ミセス・ジャービスの追悼式の後、アンナは母に感謝する日を祝日にしようと6年間活動を続け、 1914年に5月の第二日曜日(ミセス・ジャービスの追悼式も5月の第二日曜日でした)は母の日となり国民の祝日となりました。

母の日が日本に伝わるのは、その翌年の1915年だと云われてます。

いつの時代も、母が子を想う気持ち、また子が母を想う気持ちは強いものです。

身近過ぎてついつい素直になれず、疎遠になってしまっている方も、お母さんが大好きで仲良しな方も、「母の日」に「ありがとう」を形にしてみてはいかがでしょうか?

その気持ちこそが、お母さんにとって何より一番のプレゼントになること間違いなしです。

【スポンサーリンク】

こどもの日の食べ物 柏餅やちまきの由来 人気の名店も紹介

こどもの日である5月5日は、「端午の節句」と呼ばれ、

柏餅や粽(ちまき)を食べますが、

どうして柏餅やちまきを食べるようになったのでしょうか。

 

こどもの日に、柏餅やちまきを食べるようになった由来を調べてみました。

また、柏餅、ちまきの美味しいと評判のお店も調べてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

柏餅の由来

柏餅は、江戸時代に日本で生まれました。

うるち米の粉で作る新粉餅の中に味噌餡や小豆餡を入れ、

柏の葉で包んだものです。

 

柏餅を包む柏は、昔から神聖な木として考えられており、

神様へのお供え物を盛る器など、神事に使われてきました。

 

また、新芽が出ないと古い葉が落ちないことが、

「子供が生まれるまでは親は死なない」ということを表しているとされ、

柏餅を食べれば「家系が途絶えない」と、

「子孫繁栄」の願いが込められた縁起の良い食べ物として、

端午の節句に柏餅が食べられるようになりました。

 

柏餅には、柏の葉を外表に巻いているもの、中表に巻いているもの、

茶色の葉で巻いているもの、緑色の葉で巻いているものなどがあります。

 

これは、正式に決まっているわけではありませんが、

小豆餡のときは外表に巻き、味噌餡のときは中表に巻く、

こし餡のときは茶色の葉、つぶ餡のときは緑色の葉で巻くなど

葉の巻き方や色で、中身が分かるようにするための工夫なんですね。

 

また、柏が手に入りにくい西の地方では、

代わりにサルトリイバラ(サンキライ)の葉が使われることもあるそうです。

 

ちまきの由来

ちまきは、端午の節句と共に、平安時代に中国から伝わりました。

 

笹、菖蒲、ちがやなどの葉で、餅や羊羹、ういろうなどを包み、

い草で巻いて蒸すなどしたもので、様々な種類、形、材料、作り方があります。

 

戦国時代の楚の国の詩人、屈原(くつげん)の命日である5月5日、

川にちまきを流して供養したという故事が始まりとされています。

 

伝説によると、川に潜む蛟龍(こうりゅう)に餅を盗まれないよう、

蛟龍が苦手とする楝樹(れんじゅ、センダン)の葉で包み、

五色の紐で縛ったそうです。

(ちなみに、この五色の紐が、こいのぼりの色になったといわれています。)

 

そして、餅を包む葉の強い香りが、災厄を退け、悪霊を祓い、

子どもの生命力を強くするといわれるようになりました。

 

実際に、抗菌作用や薬効があるとされていますね。

 

日本では、ちがやの葉で巻いて作られたため、ちがやまきと呼ばれ、

それが短くなり「ちまき」になったそうです。

 

【スポンサーリンク】

 

まとめ

柏餅も、ちまきも、

餅を包む葉に邪気を祓う神聖な力があるとされてきた食べ物なんですね。

 

それで、子どもの成長、健康を願い、

こどもの日に食べられるようになったというわけです。

 

柏餅、ちまきの人気の名店

柏餅やちまきは、全国の和菓子屋さんで、

季節のお菓子として期間限定で販売されます。

 

お取り寄せが可能であったり、

有名デパートで取り扱っているところもありますので、

ぜひ、名店の味を味わってみてはいかがでしょうか。

 

柏餅の人気の名店

京都 今出川 鶴屋吉信

東京 上野 岡埜栄泉

東京 赤坂 とらや

東京 茗荷谷 一幸庵

東京 銀座 清月堂

 

ちまきの人気の名店

京都 北山 川端道喜

東京 赤坂 とらや

石川 金沢 美福

茨城 常陸太田 元祖なべや

 

【スポンサーリンク】