嵐にしやがれ たまご料理デスマッチのお店!2018年9月8日放送

2018年9月8日放送の『嵐にしやがれ』は、間宮祥太さんと加藤諒さんをゲストに迎えて、「たまご料理デスマッチ!

身近な存在でみんな大好きなたまご料理!

加藤さんもたまご料理が大好きで毎日食べているそうです!

今回は、モンサンミッシェル風オムライス、ローマ風目玉焼き、オムライスの名店が作るオムレツサンド、大阪女子が行列を作るカルボナーラ、卵かき揚げ丼、幻のたまごスイーツ サンプーチャンが紹介されました。

どんなたまご料理なのか気になります!

 

【スポンサーリンク】

 

モンサンミッシェル風 溶けてなくなる新感覚オムライス

東京・二子玉川にある「Bistro Tama

ぐるなび

食べログ

ホットペッパー

 

ニコタママダムたちを虜にしている卵料理がこちら!

ハンバーグのせデミグラスソースオムライス 1,670円(税込)

フランスの離島 モンサンミッシェルの地元料理のオムレツをアレンジしたオムライスだそうです。

普通のオムライスとは作り方が全然違います。

まず、卵白だけを泡立てメレンゲ状にします。

それを溶いた卵黄に入れて優しくかき混ぜてムース状にしたものがタネになります。

熱々のスキレット鍋に、チキンライスを敷き詰め、ミックスチーズをひとつかみのせます。

その上にタネをたっぷりと入れて、250℃のオーブンで2分焼きます。

そして、和牛100%のハンバーグをのせ、自家製デミグラスソースをかければ完成!

今までに見たことのない料理で、とても気になります!

 

食べられたのは、相葉さん。

一言目は「そうきたか」

「こうなるんだ、卵が!っていう感じ」「初めて食べた」とのこと。

どんな味なのかは伝わりませんが、変わっているみたいです^^;

 

とろけるウマさ!ローマ風目玉焼き

東京・銀座にある「LA BETTOLA da Ochiai

ぐるなび

食べログ

イタリアンの巨匠 落合務シェフのお店です。

 

落合シェフがイタリアで修行した時に出会ったという卵料理がこちら。

モッツァレラチーズの目玉焼き (コースでのみ提供)

開店以来ずっと人気のメニューとのこと。

自家製トマトソースを皿に広げ、茹でたアスパラガスを敷き詰めます。

そこに生卵を2つ割り入れ、モッツァレラチーズ、パルミジャーノチーズをたっぷりと入れます。

これを中火で1分焼き、さらに180℃のオーブンで2分焼くと、卵は半熟に焼き上がります。

仕上げに、香り高い白トリュフのオリーブオイルをたっぷりとかければ、ローマ風目玉焼きの完成!

半熟卵とチーズの最高のトロトロの組み合わせ!

 

食べられたのは、櫻井さん。

「割るかな〜、割らないかな〜」「割っちゃうー」と言って、たまごを混ぜて食べました^^

「こいつはやられたぜ」「激ウマ!」とのこと!

このリアクションは本当に美味しいやつですね。

 

オムライスの名店が作るオムレツサンド

東京・銀座、歌舞伎町の裏に行列ができる「喫茶 YOU

食べログ

オムライスがめちゃめちゃうまいことで超有名なお店!

 

そんなオムライスと人気を二分するメニューがこちら!

オムレツサンド 1,100円(税込・ドリンク付き)

オムレツには、その日仕入れた産みたて卵を2個使用。

空気を含ませながらかき混ぜます。

それをバターたっぷりの熱々のフライパンに流し込み、ふわふわとろとろの食感になるように素早く焼き上げます。

パンは、ふわふわの食感にこだわった特注パン。

これを薄くスライスし、自家製マヨネーズ、オムレツをサンド。

 

食べられたのは、二宮さん。

「大変おいしゅうございます。」とコメントw

相葉さんは「やさしくなれます」、櫻井さんは「平和になるよね」とコメントされました^^

 

新感覚!大阪女子が行列を作るカルボナーラ

大阪・中崎町にある「食堂 PLUG

ぐるなび

食べログ

ホットペッパー

 

インスタでも人気!

大阪女子をキャーキャー言わせる新感覚カルボナーラがこちら!

ライスカルボナーラ 1,080円(税込)

まずは、バターでベーコン、玉ねぎを炒め、生クリーム、グラナパダーノチーズをたっぷり投入しカルボナーラソースを作ります。

そして、パスタではなく、ターメリックライスにカルボナーラソースをかけ、仕上げに大分県産の超濃厚卵”龍のたまご”の卵黄を真ん中にのせれば出来上がり!

 

食べられたのは、加藤さん。

「うわー!おーいし〜」とIKKOさんのようになってましたw

「舌にまとわりつくような濃厚さがあって最高です!」とのことでした。

 

銀座で大人気!卵かき揚げ丼

東京・銀座にある「てんぷら 阿部

ぐるなび

食べログ

ホットペッパー

ミシュランが選ぶコスパの良いお店「ビブグルマン」に4年連続選出されているお店です。

 

ランチかき揚げ丼 1,000円(税込・ランチのみ)

かき揚げの具材は、桜エビ、インゲン、ニンジン、玉ねぎ、さつまいも。

これらを天ぷら粉と混ぜ、油に入れてかき揚げに。

次に、十分に冷やした卵黄だけをおたまですくい、天ぷら粉につけ、やさしく油の中に入れて天ぷらにします。

卵を天ぷらにすることで甘さがより引き立ち、コクも引き出せるとのこと。

かき揚げと卵の天ぷらをご飯にのせて完成!

 

食べられたのは、松本さん。

「卵の天ぷらなんて初めて」「卵はやわらかいけど、他の具はサックサク」「めっちゃうまい!」「甘辛のタレと卵のトロッとした感じがめちゃ合う」「かき揚げが1,000円で食べられるクオリティじゃない」と大絶賛!

 

幻のたまごスイーツ サンプーチャン

千葉県・富里市にある「中国料理 エムズスタイル

食べログ

 

サンプーチャン 3〜4人前 1,944円(税込・要予約・限定1日1食)

サンプーチャンを作れる料理人は極めて少なく、食べられるお店はごくわずか。

そのため幻のスイーツと言われているそうです。

中国の偉人、西太后も愛したそうです。

 

まず、砂糖、片栗粉を水で混ぜます。

そこに卵黄をこしながら入れ、空気が入らないように優しく混ぜ合わせます。

そして、中華鍋に入れ、かき混ぜながら火を通していきます。

一度取り出し、油をひいた新たな中華鍋に入れ、鍋を振りながらおたまで叩いていきます。

火加減が強すぎると焦げてしまい、弱ければぐちゃぐちゃになってしまう、正に職人技!

頃合いを見て、ピーナッツオイルで香り付けします。

振って、叩いてを7分間休むことなく続けます。

なめらかな弾力が生まれたら出来上がり!

なんだこれは!?という不思議な食べ物ですね!

サンプーチャンは漢字で「三不粘」と書き、3つのもの「皿・箸・歯」に張り付かないという意味だそうです。

好みが分かれる料理だそうですが・・・

 

食べられたのは、間宮さん。

口の中にずっと残ってしまって涙目に^^;

でも味は「美味しいです!」「甘さがそんなに強くない」とのこと。

松本さんも「すごく好き」とのことでした。

胡麻団子に近い感じのようです。

 

 

残念ながら食べられなかったのは、大野さん。

やる気が感じられなかったので、しょうがありませんねw

 

珍しい卵料理で、気になるものばかりでした!

やっぱり食べた反応が良かったLA BETTOLA da Ochiaiのモッツァレラチーズの目玉焼きが食べてみたいです!

 

【関連記事】

 

【スポンサーリンク】

ピックアップ関連コンテンツ