嵐にしやがれ 街の洋食屋さんデスマッチのお店!2018年10月13日放送

2018年10月13日放送の『嵐にしやがれ』は、田中圭さんをゲストに迎えて、「田中圭に食べさせたい 街の洋食屋さんデスマッチ!

行列ができる絶品ビーフシチュー、日本一ウマいと言われる生姜焼き、2種類のソースで味わうオムライス、老舗洋食店のロールキャベツ、食の巨匠から愛されるメンチカツなど、地元の方から長年愛されてきた洋食屋さんのメニューが登場しました!

今、街の洋食屋さんが大人気でSNSにもバンバン投稿されているとのこと。

要チェックです!

 

【スポンサーリンク】

 

行列ができる絶品ビーフシチュー

東京・浅草にある「洋食 ヨシカミ

ホットペッパー

ぐるなび

食べログ

 

ビーフシチュー 2,500円(税込)

オーブンで焼いた牛すじと香味野菜をトマトベースのスープで、なんと3日間煮込みます。

スパイスをブレンドしたルーで味を整えれば、コクと旨味を最大限まで引き出したデミグラスソースの完成!

国産牛バラ肉に焼き色をつけ、デミグラスソースにつけて一緒に3時間煮込みます。

デミグラスソースの旨味を染み込ませると同時に柔らかな食感に仕上げます。

 

食べられたのは、松本さん。

「めちゃめちゃうまい!肉の柔らかさとそれに絡むソースのバランスが最高。これがビーフシチューだね」とコメント。

 

日本一ウマいと言われる生姜焼き

東京・鶯谷にある「グリル ビクトリヤ

ぐるなび

食べログ

 

上ロース生姜焼き 1,500円(税込)※ランチタイムのみ

みのもんたさんが「この生姜焼きは日本一ウマい」と言った生姜焼きだそうです。

林家正蔵さんや寺門ジモンさんも絶賛!

 

柔らかく甘みが強い生姜焼きに最適な、群馬県産高級豚肉・上州もち豚のロースを使用。

塩、コショウ、小麦粉をまとわせフライパンで焼きます。

焼き方のポイントは、蓋をのせて蒸すこと。

蒸らすことでとろみが生まれ、見た目もこんがり黄金色になるそうです。

高知県産しょうがと青森県産にんにくをすりおろし、自家製ブイヨンと共に豚肉にかけます。

すりたてを使うことでより香り高い生姜焼きになるとのこと。

お皿に盛り付ければ出来上がり!

 

食べられたのは、二宮さん。

「めちゃくちゃまろやか。劇的にウマい。これが生姜焼きなんだな」と松本さんのコメントをコピーしていましたw

松本さんは「んー、んー」と唸ってから「しょうがとにんにくは割と強い。俺が作るのより」と言っていましたw

 

フレンチの匠が作るオムライス

東京・茅場町にある「新川 津々井

ぐるなび

食べログ

料理長の越田さんはホテルオークラ出身のフレンチの匠。

 

タラバガニのトロトロオムライス 2,160円(税込)※ディナーのみ

バターで熱したフライパンにカニ、玉ねぎ、ケチャップ、ライスを投入し炒めます。

通常はこのケチャップライスを焼いた卵で包みますが、溶いた卵をそのままケチャップライスと混ぜ合わせます。

混ぜてから火を通すことで、トロトロの食感に仕上がるそうです。

これに、爽やかな酸味のトマトソースとケチャップと生クリームをブレンドした濃厚なソースの2種類のソースを合わせて完成!

 

食べられたのは、櫻井さん。

まずはソースをつけずにそのまま食べて、「あー、うめっ、何これ」「カニのエキス、香りがすごい詰まってる」、ソースをつけて「あー!本当にウマい!」とコメントしました。

松本さんは「食べたことない。確かに酸味・・・ これがオムライスだね」とコメントw

 

創業100年以上の老舗が手掛けるロールキャベツ

東京・上野にある1902年創業の「黒船亭

ぐるなび

食べログ

ジョン・レノンも来店したことがある歴史ある名店です。

 

ロールキャベツ 1,512円(税込)

牛と豚の合挽き肉にパン粉、玉ねぎを入れてこねたら、大きめの俵状に形を作ります。

それを新鮮なキャベツ3枚で包み、4種類のトマトをブレンドした秘伝のソース、チキンブイヨンを入れ50分じっくり煮込みます。

グラタン皿にロールキャベツを盛り付け、上に牛乳やバターで作ったベシャメルソースを固めたもの、チェダーチーズ、粉チーズをのせ、オーブンで焼きグラタン風に仕上げます。

 

食べられたのは、田中さん。

「うん、ウマい!」と超イイ笑顔!

「ソースは洋食のデミの優しい味で、優しいソースの中に優しいキャベツと優しい肉が入ったみたいな感じだから、結果超優しい。」とのことでした^^

 

食の巨匠から愛されるメンチカツ

東京・日本橋にある創業55年の「レストラン 桂

ぐるなび

食べログ

 

特製メンチカツレツ 1.050円(税込)

中華の鉄人・陳建一や岸朝子も認めた絶品メンチカツ。

銀座の肉屋さんで仕入れた一級品のひき肉と、卵、パン粉、玉ねぎを混ぜ合わせます。

完成したタネを180gの大きめサイズの形に整えます。

小麦粉、卵にくぐらせ、特注の粗めのパン粉で包み込みます。

粗めのパン粉を使うことで揚げた時にパン粉が立ち、サクサクの食感に!

肉汁を閉じ込めるため160℃の低温で5分間じっくり揚げます。

最後に、香味野菜、牛すじ、トマトペーストなどを入れ1週間煮込んだ特製のデミグラスソースをたっぷりとかけたら完成!

 

食べられたのは、大野さん。

「あ、うめぇ〜」「肉汁がすごい」と言った後、無言になってしまいました^^;

他のみなさんもほぼ「うまい」しか言ってませんでしたw

でも、みなさん本当に美味しそうでした!

 

残念ながら食べられなかったのは、相葉さんでした。

 

どれも絶対に美味しい、間違いない料理ばかりでしたね!

特に「新川 津々井のタラバガニのトロトロオムライス」と「レストラン 桂の特製メンチカツレツ」を食べてみたいです!

 

【関連記事】

 

【スポンサーリンク】

ピックアップ関連コンテンツ