嵐にしやがれ 喫茶店グルメデスマッチ2019?11月30日放送

2019年11月30日放送の『嵐にしやがれ』では、ゲストに椎名桔平さんを迎えて「喫茶店グルメデスマッチ!

新食感の焼きオムライス、昔ながらにこだわったグラタン、浅草で長年愛されるエビサンド、ソースが決め手の絶品ナポリタン、老舗のこだわり新感覚カレーが紹介されました。

 

ぐるなびで予約するときは、事前に楽天IDと連携しておくだけでお得になりますよ!

楽天IDとぐるなびを連携して楽天ポイントを貯める

 

【スポンサーリンク】

 

進化系焼きオムライス

東京・東向島にある「こぐま

食べログ

ホットペッパー

昭和2年に作られた薬局をリノベーションしたノスタルジックな雰囲気の喫茶店。

 

焼きオムライス 1,050円(税込)

具材のウインナーとコーンを炒め、醤油とケチャップで味を整えます。

クミンやレッドペッパーなど9種類をブレンドしたスパイスを加え、大人向けの辛めに仕上げます。

ケチャップライスの作り方は企業秘密。

通常のオムライスは卵をフライパンで焼きますが、こちらでは器に盛ったケチャップライスにそのまま溶き卵をかけ、さらにチーズを入れて、オーブンでじっくり20分焼き上げます。

キッシュのような厚みのあるオムレツとピリッと辛いケチャップライスの相性は抜群!

 

食べられたのは、松本さん。

「大人!」「ちょっとピリッとするんですよ。しかもピリ辛さだけじゃなくてスパイシーさが一緒に出る」「本当に進化系」とのこと。

上の卵の部分だけを食べて「あぁ。おぉ〜。これなんかオムライスって名前じゃなくてもいいぐらい。違う料理名つけてもいいんじゃないですか」と言っていました。

 

昔ながらにこだわったグラタン

神奈川・鎌倉にあるグラタンの名店「浮(ぶい)

ぐるなび

 

これを求めて全国からお客さんがやってくる人気メニュー。

チキングラタン 1,870円(税込)

人気の秘密は特製ルウ。

有名ホテルから教わった古いレシピを忠実に守り、昔ながらの作り方で作っているそうです。

このレシピは企業秘密。

牛乳の中にルウを入れ、とろみが出るまで煮詰め、白ワイン、生クリームを加えれば秘伝のホワイトソースの完成。

具材のチキンと玉ねぎ、ソースに絡みやすい太めのパスタを強火で炒めます。

器に移したら、ホワイトソース、粉チーズ、バターをのせ、オーブンに入れ、表面にこんがりと焼き色がついたら完成。

 

食べられたのは、二宮さん。

「あー熱い」「めちゃくちゃあっさりしてる」「食べたことなかったけどパスタも全然ありだね」とのことでした。

 

地元で愛され続けるエビサンド

東京・浅草にある「ロッジ赤石

ぐるなび

地元で愛され続ける名店で、地元民の憩いの場所となっています。

朝3時まで営業しています。

 

常連客のリクエストから誕生したメニューがこちら。

エビサンド 1,150円(税込)

一人前に大ぶりのブラックタイガーを3尾使用。

エビの食感を生かすため衣は薄めにつけて揚げることでパンとの相性も抜群!

トーストにバターを塗り、マスタードの効いたソース、千切りキャベツ、タルタルソース、エビフライをのせて、さらにもう一度ソースをかけ、トーストでサンドしたらできあがり!

 

食べられたのは、櫻井さん。

「うん。めちゃめちゃウマい」「エビもプリップリだし、さっき結構ソースかけてるなと思ったけどそんなにソースも主張しない」「ただ、あそこで食べたい。めちゃめちゃウマいよ。でもあれこみでエビサンドだよね」と、レトロな雰囲気のお店で食べたいとのことでした。

 

ソースが決め手の絶品ナポリタン

東京・阿佐ヶ谷にある「gion(ぎおん)

ぐるなび

メルヘンな内装のお店で、一番メルヘンな席はブランコ!

 

不動の人気No.1メニューがこちら。

ナポリタン 840円(税込)

大量の玉ねぎ、セロリ、ニンニクをみじん切りしたペーストに、コクを増すためマイタケ、しめじ、えのき、バター、ラードを入れ1時間煮込みます。

そこにトマトケチャップ、トマトペーストを加え、バジルなどのハーブ類でスパイシーさもプラス。

焦げないようかき混ぜながら3時間煮込み、3日間寝かせたらソースの完成。

硬めの麺と自家製ソースを強火で一気に炒め、わざと焦げ目をつけます。

そうすることでソースが麺によく絡み、食べ応えのある麺になるとのこと。

玉ねぎ、ピーマン、ハム、マッシュルームを加え、野菜と共に盛り付けたら完成!

 

食べられたのは、椎名さん。

「これですよ。僕が求めていたナポリタンは。喫茶店のナポリタン。これですよ」「昔の鉄板で焼いたまま出てきたナポリタンのような香ばしさが残っているし、ピリッとコショウも効いてて、ケチャップだけじゃない味がちゃんとするから飽きないんだよね」とのことでした。

 

老舗のこだわり新感覚カレー

東京・目白にある「珈琲 伴茶夢(ばんちゃむ)

ぐるなび

 

創業42年、守り続けてきた味。

ハンバーグパンカレー 770円(税込)

3種類のカレーを独自にブレンドしている、自慢のカレーのレシピは企業秘密。

カレーに1時間煮込んで余分な脂を落とした豚バラ肉を入れます。

カレーに合わせるのは、ご飯ではなく山型の食パン。

食パンにマーガリンを塗り、こんがりとトーストします。

その上にハンバーグをのせ、カレーをかければ完成!

 

食べられたのは、相葉さん。

「あ、ウマい」「めちゃくちゃ合うよ。だってカレーパンじゃん」

ハンバーグを食べて「うん、うんまい!王道のハンバーグに、すごいシンプルなカレーだから、めちゃくちゃ食い慣れてるし、めちゃウマい」とのことでした。

 

残念ながら食べられなかったのは、大野さんでした。

 

今回は、定番のメニューでありながらこだわりのあるメニューばかりでしたね。

こぐまのちょっとピリ辛で大人な新感覚焼きオムライスが気になりました。

 

【関連記事】

 

【スポンサーリンク】

ピックアップ関連コンテンツ