嵐にしやがれ 最新行列グルメデスマッチ2018冬のお店まとめ!12月15日放送

2018年12月15日放送の『嵐にしやがれ』は、高畑充希さん、三浦春馬さんをゲストに迎えて、2018年中に食べておきたい「最新行列グルメデスマッチ!

日本初上陸バルセロナNo.1のパエリア、女性が喜ぶ台湾タピオカスイーツ、新感覚煮干しパスタ、冬しか食べられないカキバター焼き、1日2000個売れる点心、削りたてのかつお節専門店の究極の朝飯など、並んででも食べたい話題の料理が登場しました!

ぜひお店をチェックして食べに行きましょう!

 

【スポンサーリンク】

 

本場スペインで大人気!パエリア

東京・渋谷に、今年9月にオープンした「渋谷ストリーム」内にある
XIRINGUITO Escribà(チリンギート エスクリバ)

ぐるなび

バルセロナに本店があり、その味は本場でも絶賛されています。

 

エスクリバパエリア 3,672円(税込)(Mサイズ 2〜3人前)

 

硬さが特徴のバレンシア米を使用。

日本米と違って水分量がとても少ないため一粒一粒味が染み込みやすいそうです。

バレンシア米に、ブレンドしたスパイス、イカの肝、野菜のペーストを合わせます。

そして、魚介をふんだんに使いダシをとった旨味溢れる濃厚スープで炊きます。

一般的なパエリアはオーブンで炊きますが、こちらは直火で17分間炊いていて、絶妙な食感になるそうです。

 

食べられたのは、大野さん。

一番に食べられるのは珍しいですねw

「あ、うめぇんだな」とびっくりされていましたw

「魚介のいろんなダシがしっかりしている」「味は濃すぎない」とのことでした。

バレンシア米については、「ちゃんと歯ごたえがあって、柔らかすぎず、硬すぎずかな?」「日本米とは違う」だそうです。

 

女性が喜ぶ台湾タピオカスイーツ 芋圓(ユーユェン)

東京・新宿にある「台湾甜商店

ぐるなび

美味しいタピオカで有名なお店です。

大阪にもお店があります。

大阪梅田阪急三番街店:ぐるなび

他にも、枚方T-SITE店、岡山一番街店、高知帯屋町店と、続々と新店舗がオープンしています!

 

タピオカは出来上がって1時間以内が美味しいそうです。

常に出来立てを提供するために、1日に10回以上茹でて蒸して提供しているとのこと。

 

大人気メニューがこちら!

芋圓芋満足 896円(税込)

 

黒蜜のスムージーに、台湾から取り寄せたタロイモ、サツマイモ、さらに、ハチミツとザラメで煮た2種類の芋圓をトッピング。

芋圓とは、タロイモやサツマイモなどの芋を使った団子のことだそうです。

そして、自慢のタピオカをトッピングし、黒糖とザラメを混ぜたシロップをかければ完成!

ぷるっぷるのタピオカととろける芋の食感がクセになる一品。

 

食べられたのは、松本さん。

「おっ、甘っ!」「食感がいいね」「砂糖の甘さもあるんだけど、芋の甘さみたいなのが際立ってる」とのことでした。

 

サラリーマンに人気!新感覚の美味しさ!煮干しパスタ

東京・日本橋にある煮干しパスタ専門店「sisi煮干啖

食べログ

近年、煮干しラーメンのお店が増えブームになっていますが、こちらのお店はパスタ!

お客さんは、「毎日でも食べられる味なので、結構通っている」とのことです。

 

にぼたん(中) 850円(税込)

煮干しは、苦味が少なく旨味が濃い香川県産伊吹いりこを使用。

これを粉末状にし、焦がさないように3時間炒り、水分を飛ばし、味を凝縮させます。

バターとオリーブオイル、煮干しの臭みを抑えるゆずの果汁を加え、パスタの茹で汁と合わせれば、ソースの出来上がり。

パスタは茹でずに水で戻し、一度冷凍してから茹でることで、独特のモチモチ感が生まれるとのこと。

紫玉ねぎ、自家製のチャーシューをトッピングして完成!

 

食べられたのは、高畑さん。

一口食べて目をまん丸にしていました^^

「優しい」「あっさりですし、結構量を食べられる感じ」で美味しいとのことでした!

香りについては「全然主張はないんですけど、優しい母性みたいな」と言っていましたw

松本さんは、「ゆずの香りが立ってるから、めちゃめちゃあっさりしてる」「結構和風に感じる」とのことでした。

 

冬しか食べられないカキバター焼き

東京・四谷にある「かつれつ 四谷たけだ

ぐるなび

 

もち豚ポークジンジャー定食 1,320円(税込)やポークカツレツ定食 1,370円(税込)など何を食べても美味しいと紹介されましたが、今の時期ダントツの人気ナンバー1メニューはこちら!

カキバター焼定食 1,500円(税込)

カキは三重県鳥羽から毎日直送されます。

味は大振りで、磯の香りは抑えめで甘くてクリーミーとのこと。

小麦粉でコーティングし、中火のフライパンの中へ。

塩胡椒し、少量の油を足しながら、表面をカリッとするようにソテーします。

バターをたっぷり入れ、味の決め手となる醤油や砂糖、白ワインを使ったお店自慢のステーキソースをかけてさらに炒めて完成!

 

食べられたのは、相葉さん。

「申し訳ないけど、超ウマイ!」「すげぇプリプリだよ」「肉厚で、苦いのもなくクリーミー」とのことでした!

大振りで美味しそうでしたね〜!

 

1日2000個売れる爆売れ点心

東京・有楽町にある「添好運(ティムホーワン)

ぐるなび

 

お客さんのお目当は、香港でミシュランガイドの星を獲得した点心。

誰もが頼むダントツの人気メニューがこちら!

ベイクド チャーシューバオ 626円(税込)※別途サービス料がかかります

チャーシュー餡の作り方は企業秘密。

温めるとチャーシューの旨味が溢れるトロトロの餡になります。

これを生地で丁寧に包んでいきます。

ここまでは普通の点心です。

チャーシューまんの上にバターや砂糖で作ったクッキー生地をのせます。

ホロっとした食感を楽しめて、味も甘じょっぱく美味しくなるとのこと。

オーブンで12分焼けば、クッキー生地が点心を包み込み、まるでメロンパンのような見た目になります。

お客さんは、「周りはサクサク、中はトロッとなっていてベストマッチ」「最初食べた時は衝撃を受けた。毎日食べたい」とコメントしていました。

 

食べられたのは、二宮さん。

「見た感じはお菓子だな」「あ〜、ウマイ!」「甘いの得意じゃないから、上の甘いのいらないなと思っていたけど、あったほうがいっぱい食べれそう」「差し入れにもおすすめ」とのことでした!

 

メニューはこれだけ!究極の朝飯

東京・渋谷にある「かつお食堂

食べログ

削りたてのかつお節の専門店で、メニューは1つだけ。

オープンする朝9時には行列ができていて、「営業日をチェックして、この日は仕事を休もうと決めて来た」というお客さんもいました。

店主の永松さんは、5年前にかつお節を削る祖母の姿に感銘を受け、「かつお食堂」オープンさせたそうです。

永松さんは、今年「セブンルール」で密着されました。

 

かつおめしごはん(生卵入り) 950円(税込)みそ汁とぬか漬け付き

一番良い状態のかつお節を全国から厳選しているとのこと。

この日は、鹿児島県枕崎産の半年以上熟成させた最高ランク「本枯れ節」を使用。

味も香りも格段にまろやかで、極限まで薄く削ってとろける食感に。

ご飯に黄身、塩漬けしたかつおの粉末、削りたてのかつお節をたっぷりとのせれば完成!

かつお節の濃い味わいで醤油なしでいけます!

 

食べられたのは、三浦さん。

三浦さんも目をまん丸にして「こんなかつお節食べたことない!」「口に入れたら、一瞬でなくなる」と感激していました!

食べられて嬉しそうでしたね^^

 

 

残念ながら食べられなかったのは、櫻井さんでした。

クイズで惜しかった分残念でしたね。

 

今回は、見たことがない珍しい料理ばかりでした!

どれも美味しそうでしたが、私は特に、「かつれつ 四谷たけだ」のカキバター焼定食と、「かつお食堂」のかつおめしごはん(生卵入り)を食べてみたいです!

 

【関連記事】

 

【スポンサーリンク】

ピックアップ関連コンテンツ